ROCK/POPS

ROCK/POPS に関するレビュー・試聴・情報を紹介しています。
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他のオススメ!スポンサー広告 |
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      2006/12/02(土)
ヴァネッサ・カールトン『Be Not Nobody』

VANESSA CARLTON 『BE NOT NOBODY』

 まぁ正直この『BE NOT NOBODY』からの1曲だけにやられたんです。もう骨抜きです。恥ずかしげもなく書くと、泣きそうになりました^^;。明らかなポップ・ミュージックでもたまにどハマリする音楽に出会うんですよね、私。

 ドビュッシー(当サイト内記事→ドビュッシー)とピンク・フロイド(当サイト内記事→ピンク・フロイド)をこよなく愛するという結構物好きな音楽嗜好を持つ、アメリカはペンシルベニア出身の女性シンガー・ソングライターVanessa Carlton(ヴァネッサ・カールトン)。こちらは2002年リリースの彼女のデビュー・アルバム『ビー・ノット・ノーバディ』、私を落した名曲「A Thousand Miles」収録です。

 「A Thousand Miles」はノエビアの企業CMに使われたことできっと私の耳にも届いたのでしょうが、数年経った今聴いてもぐっとくる曲です。クラシック・ピアノを習っていたというだけあってピアノの演奏は安心して聴けます。

 こちらが→試聴←です。私的おすすめは、開放感ある爽やかで美しい系「Ordinary Day」1、何はなくともこの1曲です!下にPV張っておきました「A Thousand Miles」3、けだるくねちっこいヴォーカルが良い「Sway」6、なかなかに前衛的で刺激的なロック「Prince」8、心に突き刺さるようなイメージのちょっと赤裸々系(?)「Wanted」10、「Twilight」11曲目です。

 「A Thousand Miles」以外の曲も、密かに魅力的であることが判明・・・
ヴァネッサ・カールトン 『BE NOT NOBODY』の続きを読む
スポンサーサイト
他のオススメ!ROCK/POPS | コメント:0 | トラックバック:0
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      2006/11/03(金)
トト『Tambu』

TOTO 『TAMBU』

 トイレやシステムキッチンではなく、加えてサッカー予想でもない、そんなTOTO(トト)を今日は紹介しようと思います。「えっ?TOTO?どうせAOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)でしょ?」という刺激を渇望したキッズ達にぜひ聴いていただきたい1枚です。

 洋楽好きの大人(?)なら一度は耳にしているであろう、アメリカの超実力派バンドTOTO(トト)。まぁメンバー皆スタジオ・ミュージシャン上がりなので、当たり前といえば当たり前なのですが^^;。こちらは1995年リリース、作風の大きな変化に旧来のTOTOファンからは殆どと言っていいほど評価されなかった(私もか・・・^^;)可哀想なアルバム『タンブ』、9作目です。

 最初は私もTOTOの音としては抵抗があったんです。バンドの中心と言っても過言ではなかったドラムのJeff Porcaro(ジェフ・ポーカロ へんてこりんな名前ですがぜひ覚えてください!^^)が突然亡くなって、代わりのドラマーにサイモン・フィリップスを迎えて初の作品です。以前の滑らかでエレガントなAOR代表といった感じのTOTOサウンドから、ハードエッジで乾いたアメリカン・ハード・ロックにシフトした内容で、かなりハードなプログレっぽい曲もあります。まぁまずは聴いてみてください。

 こちらが→試聴←です。私的おすすめは、乾いた音が印象的でコーダで畳み掛けてくる「Gift of Faith」1、イントロは地味ながらサビの開放感が実に気持ちイイ3、スリリングで小気味良い「The Turning Point」7、跳ねたリズムに透明感あるエレピが美しい「Time Is the Enemy」8、もうイントロからゾッコン!HR/HM好きにぜひ聴いて欲しい1曲一押しです!(下にライブ動画載せておきます)「Drag Him to the Roof」9、ドリームシアターも真っ青なハードでアグレッシブな超変拍子(あなたはどこまでノレるかな?)「Dave's Gone Skiing」11曲目です。

 このアルバムに昔のTOTOを求めちゃだめなんです。ルカサーのTOTOなのですから・・・
TOTO 『TAMBU』の続きを読む
他のオススメ!ROCK/POPS | コメント:0 | トラックバック:0
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      2006/10/12(木)
マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン『Loveless』

MY BLOODY VALENTINE 『LOVELESS』

 歌謡ロックじゃなくて、ちょっと冒険的で刺激的なロック・洋楽好きならかなり多くの人がすでに知っているであろう、マイブラを今日は紹介します。空気を創るロックといった感じです。

 日本・海外問わず多くの「シューゲイザー(うつむいて靴を見つめるように演奏することから)」と呼ばれるフォロワーを作り続ける、アイルランドのロックバンドMY BLOODY VALENTINE(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン)。今日の1枚は1991年リリースの、彼らMY BLOODY VALENTINEの最高傑作というだけではなく、ロック音楽史にもその名が残るであろう名盤『ラヴレス(邦題:愛なき世界)』です。

 ロック好きでこの『LOVELESS』を未聴な方は即刻聴くべきです(笑)。はまるはまらないは別にして、このノイジーなギターの重なりが生み出す空間・音響系のロックを一度耳にしておかなければ、現代ロックは語れません。と書きつつ、できれば先入観無しに、音の洪水と甘美なメロディに身を任せてみてください。ある種のトリップ・ミュージックでもあります。

 こちらが試聴です。私的おすすめは、のっけからその重なり合うギターと溶けてしまいそうなヴォーカル&メロディにやられた「Only Shallow」1、短いけれど異次元体験3、キラキラとまばゆいばかりに輝くイメージの「To Here Knows When」4、親しみやすいメロディのロック「When You Sleep」5、微妙な音のゆれがまた気持ち良い7、まさに空を飛んでいる感じ「Blown a Wish」9、ハードで混沌とした和声が魅力の11、ちょっとダンスビート(?)な「Soon」12曲目です。

 マイ・ブラッディ・ヴァレンタインによる白昼夢的音世界。シューゲイザー万歳・・・
マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン 『LOVELESS』の続きを読む
他のオススメ!ROCK/POPS | コメント:0 | トラックバック:2
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      2006/10/04(水)
ブライアン・イーノ『Another Green World』

ENO 『ANOTHER GREEN WORLD』

 イーノはイーノでも、ブライアン・イーノであり、岡山・松山・広島等四国・中国地方で使えるクーポンを提供するサイト、e-inoとは全くもって無関係であります。ちなみにクーポン・サイトはこちら^^;。→クーポンのイーノ

 気を取り直して・・・以前クラスターとのアンビエント・プロジェクトの音源(当サイト内記事→クラスター&イーノ)を紹介した奇才系アーティストで、元ロキシー・ミュージックのBrian Eno(ブライアン・イーノ)。こちらは1975年リリースのソロとしては3作目となる『アナザー・グリーン・ワールド』です。

 後のアンビエント職人への過渡期的内容で、ポップやロックとアンビエントが自然に融合した心地良い度のとても高い作品です。ギターやストリングス等生音と、シンセサイザーの電子音が共存しています。ロック好きにもぜひ聴いて欲しいし、テクノや音響好きにも一度は耳にして欲しい好内容です。

 こちらが試聴です。下のHMVからは長めに試聴できます。私的おすすめは、フレットレスの上に刺激的な音が飛び交うひねくれポップ「Sky Saw」1、ぶりぶりベースが気持ちよい不思議空間インタールード2、こちらもひねくれた美しさ!一押し「St. Elmo's Fire」3、ロック&ポップスの音色でアンビエントが表現された5、チャーミングで水の中にいるみたいな9、幻想的な響きの11、この透明感あるピアノと微妙な和声は結構ツボ!「Zawinul/Lava」12曲目です。

 普通のポップス、ロックに疲れた方はいらっしゃいませ^^・・・
イーノ 『ANOTHER GREEN WORLD』の続きを読む
他のオススメ!ROCK/POPS | コメント:4 | トラックバック:1
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      2006/09/26(火)
ノイ! 『Neu!』

NEU! 『NEU!』

 時間が経ってようやく評価されることってありますよね。特に文化的且つ前衛的だったりすることって。まさにそれがこれ。あれがどれ?。じゃなくてジャーマン・プログレッシブ・ロック=クラウト・ロックだったりします。

 初期のクラフトワーク(紹介まだですね。スイマセン!)に在籍していたKlaus Dinger(クラウス・ディンガー Dr)とMichael Rother(ミヒャエル・ローター G)の2人によって、1971年に結成されたドイツのバンドNEU!(ノイ!)。こちらは彼らの記念すべき1st、3万枚しか売れなかったと言われる1972年リリースの『ノイ!』です。

 一言で言えば「ゆるーい人力ミニマル・ミュージック」といった感じでしょうか。単純なリズムの反復に、音使いの面白いギター・サウンドが実に音響的に重なる、アンビエント寄りの空気感。音響派やテクノ寄りの耳を持ったアーティストから、比較的最近になって評価されるのもわかりますね。

 こちらが試聴です。2曲だけですがフルレングス試聴がありましたので、下に張っておきます。私的おすすめは、やはり彼らの代表曲でハンマー・ビートと呼ばれる単純な四つ打ちの上で淡々とホンワカ展開する「Hallo Gallo」1、こちらは途中テープ早回しによる疾走感が現れる^^結構ロック「Negativland」5、まさに音響系!溶けてなくなるような儚さがある6曲目です。

 ノイ!を未聴な方はぜひ1曲目「Hallogallo」は耳に入れておきましょう・・・
ノイ! 『NEU!』の続きを読む
他のオススメ!ROCK/POPS | コメント:3 | トラックバック:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。