fc2ブログ

2006年06月14日

2006年06月14日 に関するレビュー・試聴・情報を紹介しています。
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      2006/06/14(水)
スクエアプッシャー『Feed Me Weird Things』

SQUAREPUSHER 『FEED ME WEIRD THINGS』

 ドラムンベースを上回る痙攣系サウンド、ドリルンベース。彼Thomas(Tom) Jenkinson(トム・ジェンキンソン)もその主たるアーティストの一人に数えられるでしょう。

 Tom Jenkinsonのソロ・プロジェクトでテクノ好きにはすっかりお馴染みSQUAREPUSHER(スクエアプッシャー)の、1996年リリースの記念すべきデビュー・アルバム『フィード・ミー・ウィアード・シングス』です。リリースはエイフェックス・ツインのREPHLEXから。

 とりあえず2ndでしょう、という声も聞こえてきそうですが、私はこの1stからいきたいと思います(理由は後述)。ジャケット通り比較的ダークな、内へ向かうベクトルの曲が多い気がします。アンビエント、ブレイクビーツ、トリップホップ、そして結構ジャズ、で代名詞化した感もあるドリルンベース・・・だいぶ気持ちイイですよ。

 こちらが試聴です。私的おすすめは、「SQUAREPUSHER THEME」というだけあってアグレッシブな生ベースと細かいリズム・プログラミングのドリルンベースが噛み合った代表曲1、悪めの夢で鳴っていそうな2、中間部のエレピ&ベースが入ってからのフュージョン的気持ちよさといったら3、ベース主役のまさに痙攣系5、上モノもほとんど入らないリズム・パターンの勉強に最適な7、メロウな彼のハーモニー・センスが伺えるリズムなしの8、そうそうこういうスペイシーなメロディーのセンスが抜群なんですよね「THEME FROM ERNEST BORGNINE」9、これぞ耳に優しいドリルンベース!オーガニックな「KODACK」11曲目です。

 テクノ好きで未聴の方はチェックですよ、しかも早めに・・・
スクエアプッシャー 『FEED ME WEIRD THINGS』の続きを読む
スポンサーサイト



他のオススメ!ELECTRONICA-OVERSEAS | コメント:5 | トラックバック:1