fc2ブログ

2006年06月17日

2006年06月17日 に関するレビュー・試聴・情報を紹介しています。
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      2006/06/17(土)
ワルター モーツァルト『Sym. 38&40』

BRUNO WALTER 『MOZART:Sym.40&38』

 まずは最初に断っておかねばなりません。正直なところ私モーツァルト大好き!っていうわけじゃないんです。というのもなんだかみんな同じ曲に聞こえて、他のクラシック音楽家に比べて魅力を感じないのです。

 ではなぜそれでも取り上げたか、というと・・・世間でもっとも「脳を活性化する!」と騒がれている音楽家がこのWolfgang Amadeus Mozart(ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト 1756-1791)だからです。このサイトで扱わないわけにはいかないでしょう!(笑)

 本日の1枚はドイツの生んだ名指揮者BRUNO WALTER(ブルーノ・ワルター 1876-1962)が1959年にTHE COLOMBIA SYMPHONY ORCHESTRA(コロンビア交響楽団)を振った、モーツァルトの『交響曲第40番ト短調 K.550』。ワルター最晩年のステレオ録音盤です。モーツァルトを得意のレパートリーにしていたワルターだけあって、ゆったり大らかで安心して聴ける名盤です。

 こちらが試聴iconです。たぶん皆さん聴いたことのある少し暗い印象から入る第1楽章、穏やかながらリズミカルな緩徐楽章である第2楽章、鋭く緊張感のあるストリングスが印象的な前半と木管楽器がやさしく歌う中間部が好対照な第3楽章、スリリングで畳み掛けるような第4楽章。緩急自在。ト短調(Gマイナー)を主調としてよくこれだけ曲想を拡げられるものだと、感嘆しますね。

 ワルター&コロンビア交響楽団の40番は落ち着いてモーツァルトが聴ける傑作だと思います・・・
ワルター モーツァルト 『交響曲第40番』の続きを読む
スポンサーサイト



他のオススメ!CLASSIC | コメント:2 | トラックバック:0