fc2ブログ

2006年12月29日

2006年12月29日 に関するレビュー・試聴・情報を紹介しています。
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      2006/12/29(金)
エゴ・ラッピン『On The Rocks!』

EGO-WRAPPIN' 『ON THE ROCKS!』

 あまり芸風でもないのですが、ちょっとだけ2006年を振り返ってみました。自分のこと(終わり悪ければすべて悪い?!)、音楽のこと(このブログを中心にいろいろ聴きました)、世の中のこと(日本の人口減少が密かに衝撃的でした)・・・。でJ-POPの範疇で頭に浮かんだのがこの1枚です。

 2006年でデビュー10周年を迎えた、中納良恵(Vo/作詞/作曲)と森雅樹(G/作曲)2人による関西は大阪出のユニットEGO-WRAPPIN'(エゴ・ラッピン)。こちらは彼らのフルアルバムとしては5枚目、2006年リリースの『オン・ザ・ロックス!』。捨て曲の無いなかなかの傑作(私的にはかなりツボ)です。

 私にとっては実に痛快な音楽でした。プログレッシブでカオティックなまでに自由、何でも取り入れられる懐の深さを見せてくれたような気がします。EGO-WRAPPIN’を説明する上でよく使われる「昭和歌謡」「ブルース」というキーワード以前に、とてもポップなロック、いやロックなポップスなのです。しかも全体を聴き通して気持ちがいい。アルバム1枚通して聴いてみてください。

 こちらが→試聴←(ちょっと長めに試聴できます)です。私的おすすめは、この空気感はEGO-WRAPPIN'にしか出せない不思議なポップ「天国と白いピエロ」1、管楽器のアンサンブルと「和」の旋律が素敵な「ニュースタイム」2、期待に応えてくれる疾走感あるスカ・スウィング・ジャズな「Mother Ship」3、プログレでしょ「ロッテンマリー」4、クラムボンチック?「Sundance」6、すごく景色が想像できるモノクロームセットのカバー「The Ruling Class」7、滑らかにコロコロ曲調が変わる楽しい要素満載な「水中ゲーム」9、イントロからクラッとくる「旅先案内人」10曲目です。

 変拍子、転調など何でも来いなプログレッシブ・ポップ加減。しかも結構自然な仕上がり・・・
エゴ・ラッピン 『ON THE ROCKS!』の続きを読む
スポンサーサイト



他のオススメ!J-POP&ROCK | コメント:17 | トラックバック:2