チッコリーニ サティ 『ピアノ曲集』

チッコリーニ サティ 『ピアノ曲集』 に関するレビュー・試聴・情報を紹介しています。
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他のオススメ!スポンサー広告 |
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      2006/02/17(金)
チッコリーニ『Satie:Piano Works』

ALDO CICCOLINI 『SATIE:PIANO WORKS』

 音楽による脳活性化を目的とするこのサイト。フランスの作曲家Erik Satie(エリック・サティ1866-1925)を紹介せずには前に進めないので(独断)、今日は不思議なピアノの旋律で、ゆるりと脳みそコネコネしていただきましょう!

 まぁまずはきっと一度は耳にしてるであろう(映画とかでね)Erik Satieと言えばこれ!という。残念ながらCiccoliniの演奏じゃないんですがBGMにどうぞ。→ジムノペティ第1番

 今日は多くは語りません。いやあれこれ語る資格もないかもしれません。というのも私恥ずかしながら、このアルバムの演奏者アルド・チッコリーニの音源もそしてサティの作品さえも、このアルバムでしか聴いたことないんです。なので先日カラヤンの時に説明した楽しみ方(比較等)が出来ないんです。でも先入観もないから・・・かえって良いのかな?

 1966~71年に録音されたチッコリーニのサティです。80年代にも録音してるそうです。全くと言っていいほど熱くなく客観的、隙間がありそうで濃密な作品。透明感のあるねじれた音に耳を奪われます。ポピュラー音楽では考えられない音の展開。ピアノが生み出す白昼夢的な世界、または幽体離脱したその先の世界でそっと鳴っている音楽という感じ。

 こちらが試聴です(スピーカーマークをクリック)。2枚組みなのでたくさん入っています。試聴では分からないかもしれませんが、上から1番目「ジムノペティ」3番目「グノシェンヌ」は特に有名な曲です。ちゃんと聴くと他にも知ってる曲が入っている・・・というか逆に、映像系の作品(映画等)にサティってよく使われているんだなぁと再認識させられますね。

 強烈なのは曲だけじゃないんですよ・・・
 実は強烈なのは曲調だけじゃないんですよ。曲名!これがまたキテる。七尾旅人やダリもビックリ!いくつか書いておくと「犬のための本当にぶよぶよした前奏曲」「でぶっちょ木製人形へのスケッチとからかい」「ひからびた胎児」「梨の形をした3つの小品(4手のための)」「最後から2番目の思想」全く意味などないんだそうですが・・・う~ん、カオティック!!

 ドビュッシーラヴェル、「フランス6人組」(プーランク、オネゲル、ミヨー等をはじめとした作曲家集団)なんかも、このエリック・サティから多大なる影響を受けています。そんな彼らの作品も刺激的なので興味のある方はぜひ名前を覚えておきましょう。

スポンサーサイト


当サイトに初めてご来場の方はこちら↓↓もご覧になってみて下さいね
他のオススメ!CLASSIC | コメント:2 | トラックバック:0
コメント
この記事へのコメント
知ってるけど、知らない曲。
耳にはしてるけど、知らなかった曲たち。
買おう、聴こう。
ありがとうございました!
2006/02/18(土) 13:57 | URL | kippi #-[ 編集]
リアクション、こちらこそありがとうございます。

一度聞くと忘れられない名が通っている曲以外にも、脳を活性化してくれちゃう音満載です。ぜひぜひ。ゴホゴホッ。
2006/02/18(土) 20:31 | URL | ムーン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://activa.blog33.fc2.com/tb.php/118-ffa4ecef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。