チック・コリア 『RETURN TO FOREVER』

チック・コリア 『RETURN TO FOREVER』 に関するレビュー・試聴・情報を紹介しています。
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他のオススメ!スポンサー広告 |
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      2005/11/01(火)
チック・コリア『RETURN TO FOREVER』

CHICK COREA 『RETURN TO FOREVER』

 泣く子ももっと泣く(感動で)、ご存知フュージョン大名盤を紹介します。ジャズ/フュージョン・キーボーディストCHICK COREA(チック・コリア)の1972年の作品です。フュージョン・ブーム前夜、クロスオーバーと呼ばれた時代の未来系ジャズです。

 『リターン・トゥ・フォーエバー』・・・夜一人の時間に聞きたい曲もあるし、休日の昼下がりに聞きたいのもある。概してじっくり聴いていただきたし。ラテンの風を感じることが出来ると思います。

 ライナーは沖野修也が執筆。音を聴くとよくこんな音楽を30年以上前に作ったな、という感じ。今聞くからかえってすごい、というよりも今聞いても十分過ぎるほどのアイディアとクオリティ。クラブジャズ好きは必ず聴いてください。これ人力ですよ、人力。

 こちらが試聴(長めに聴けます)です。2曲目は夜の瞑想やお酒のお供に最適。3曲目は晴れた休日の昼下がりに。1曲目&4曲目はテンションを上げたり、脳みそをACTIVEにしたい時に。プログレッシヴなリズム・フレージングが光ります。特に4曲目のフィナーレのテンションは「圧巻」の一言です。でも試聴だとおいしいところまでぜんぜん聴けないのがたまにキズ。

 海と風を感じるこのジャケがまた良いじゃないですかね・・・
 CHICK COREAをリーダーとし、アコースティックと電子楽器を無理なく融合させた(まさにフュージョン)サウンド・プロダクションで70年代に一世を風靡したリターン・トゥ・フォーエヴァー。

 リターン・トゥ・フォーエヴァーを含めチック・コリアの作品でオススメしたい名作がまだまだあるので、いずれ必ずまた取り上げますね。

 HMVからも全曲試聴可です。1曲目「Return To Forever」や4曲目「Sometime Ago/La Fiesta」はこちらからの方がいいフレーズが聴けるので、気になる方はこちらもチェックしてみてくださいね。

スポンサーサイト


当サイトに初めてご来場の方はこちら↓↓もご覧になってみて下さいね
他のオススメ!JAZZ/FUSION | コメント:0 | トラックバック:0
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://activa.blog33.fc2.com/tb.php/12-14bf2bca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。