モーターサイコ 『IN THE FISHTANK』

モーターサイコ 『IN THE FISHTANK』 に関するレビュー・試聴・情報を紹介しています。
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他のオススメ!スポンサー広告 |
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      2006/03/03(金)
モーターサイコ『In The Fishtank』

MOTORPSYCHO + JAGA JAZZIST HORNS 『IN THE FISHTANK』

 テクノ、エレクトロニカ好きにはお世話になってる方も多いであろうニュー・ジャズ・バンドJAGA JAZZIST(ジャガ・ジャジスト)。そのホーン・セクションと毎度デザインのいいジャケットが気を引くロック・バンド(ハードめもアリ)、MOTORPSYCHO(モーターサイコ)のコラボレート作品です。どちらもノルウェー産!

 2003年リリースの『イン・ザ・フィッシュタンク』です。音としては生ブラスによって空間的広がりがさらに拡張されたポスト・ロック、な感じ。生楽器のアンサンブルや音響にも凝った作りで、しっかり聴くといろんな音が現れては消えて行きます。

 暖かくふと気付くと1曲終わっているという、各パートとも抑制の効いた心地よいアルバム前半。そして3曲目中間部からアルバム後半にかけては、自己主張と協調の繰り返しが大きな波になって力強く迫ってくる展開。ポスト・ロック好きはお耳に挟んでおいても。

 こちらが試聴です。私的おすすめは、マイルドにポジティヴなステレオラブとか思わせる1、メランコリックなヴォーカル曲2、フルートと遠く彼方で鳴るピアノによる幻想的でアヴァンギャルドなイントロからハイテンポな7拍子のプログレ的気持ちイイ展開(マリンバがイイ味!)を見せる3、プリペアド・ピアノとエキゾチックなパーカッション→フルート、マリンバ、シンセサイザー→断片化されたモチーフとゴリゴリのベース→テンションの高いジャムセッション的音の洪水→万歳!or爆発!となる20分を越す超大作5曲目(試聴だと小音部らしくほとんど何も聞こえませんね凹)です。

 このMOTORPSYCHOの『IN THE FISHTANK』、実はシリーズ作でして・・・
 目にしてすぐ惹かれる魚のジャケと、思わぬコラボレーションで楽しませてくれる「IN THE FISHTANK」シリーズの10枚目。現在13作目までリリースされているんだけど、どのジャケもえも言われぬ色使いでとても美しい。全作集めてプチ水族館にでもしたいところ。このシリーズのジャケ、一見の価値ありです。→KONKURRENT(リリースしているレーベルのサイトから全部見られます。あれっ両生類もいるじゃない!)

 モーターサイコからはずれるんですが、私ジャガ・ジャジストの音かなり好みです。最後まで読んでいただいた方のためにこちらをどうぞ。→GOING DOWN もう少しテクノ寄りな音も出しています。いずれここでも取り上げますが、興味の芽生えた方は今すぐJAGA JAZZISTチェックです!



思い出したように今日の発見。


悲喜交々


非常に恥ずかしながら初めて「こもごも」の漢字を知りました。しかも知人宅のトイレで。情けなや、私の脳みそ。
スポンサーサイト


当サイトに初めてご来場の方はこちら↓↓もご覧になってみて下さいね
他のオススメ!ROCK/POPS | コメント:0 | トラックバック:0
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://activa.blog33.fc2.com/tb.php/132-2fe8fa4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。