レーサー X 『SECOND HEAT』

レーサー X 『SECOND HEAT』 に関するレビュー・試聴・情報を紹介しています。
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他のオススメ!スポンサー広告 |
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      2006/03/31(金)
レーサーX『Second Heat』

RACER X 『SECOND HEAT』

 地元のお祭りの準備で忙しく、ブログも仕事も思うようにいきません。今日は軽い紹介だけにさせてくださいね。で、はじけてRACER Xというわけです。

 MR.BIGの活躍で有名な、高いポップ・センスを持ち合わせた超絶技巧ギタリスト、PAUL GILBERT(ポール・ギルバート)の在籍したバンドとしてギター・キッズには特に有名なRACER Xの1987年リリースの2nd『セコンド・ヒート』です。でもやはり若い方にはMR.BIGのポール・ギルバートですよね。でもRACER Xはキテマスよ。ポールが暴れてる!(笑)

 1stである前作『STREET LETHAL』はポール・ギルバート1人がギターでしたが、今作はBRUCE BOUILLET(ブルース・ブイエ)というこれまた技巧派ギタリスト(名門MI(簡単に言うとミュージシャンの学校)のGIT出です、確か)です。ポールと強烈なツイン・リード・ギターを堪能できます。

 こちらが試聴です。足りない曲は下のHMVからお聴き下さい。私的おすすめは、ハイテンポで思わず叫びたくなるイントロで早くもお腹いっぱい気味の「Sacrifice」1、ハードなイントロがカッコイイ&ツイン・ギターのハーモニーとスウィープを交えた流れるようなソロがいい2、幻想的なでギターの音色が好きなスローな4、明るくポジティヴになれる貴重なメタル5、これぞスピード・メタルな突っ走りっぷりが気持ちいいマシンガン・ピッキングも聴き所な7、アメリカな乾いた空気感とキャッチーさがいい9、アイディア溢れるギター・ソロがたまらない10曲目です。お、多いな。

 乾いた、そして意外とポップな印象のアルバムです・・・
 RACER Xの今作でのメンバーは、先述のポール・ギルバート、ブルース・ブイエのツインギター、ドラムは後にジューダス・プリーストのドラマーとなった(ペインキラー叩いてる!)SCOTT TRAVIS(スコット・トラヴィス)、ベースは前作同様JOHN ALDERETE(ジョン・アルディレイト)、ヴォーカルは実はMR. BIGのVoエリック・マーティンの実の兄弟JEFF MARTIN(ジェフ・マーティン、どおりで高音が似てるわけですね!)の5人です。

 とにかく突っ走る(ポールがギターを弾きまくる!)1stもイイというか、強烈なインパクトなのですが、楽曲の完成度・聴き易さはこの2nd『STREET LETHAL』の方が上。ギター・キッズは当然両方必聴盤ですが、ハード・ロックやヘヴィー・メタルが好きでまだRACER Xは聴いていないという方は、ぜひこの2ndは聴いておきましょう。

 男気溢れる全10曲、36分!(笑)HMVでは全曲試聴可です。興味のある方はぜひ。

スポンサーサイト


当サイトに初めてご来場の方はこちら↓↓もご覧になってみて下さいね
他のオススメ!PUNK/HR/HM | コメント:0 | トラックバック:0
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://activa.blog33.fc2.com/tb.php/158-2ce0284e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。