アンティバラス 『WHO IS THIS AMERICA?』

アンティバラス 『WHO IS THIS AMERICA?』 に関するレビュー・試聴・情報を紹介しています。
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他のオススメ!スポンサー広告 |
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      2006/05/09(火)
アンティバラス『Who Is This America?』

ANTIBALAS 『WHO IS THIS AMERICA?』

 こんな文章を以前雑誌で読みました。「あらゆるグルーヴ音楽の起源を辿って行くとアフリカに行き着く。」まさに「It Began In Africa」ケミカルも歌ってましたね。

 ひとまずどうぞ。試聴後半のマニアックなリズムのフレーズが最高!→Who Is This America Dem Speak Of Today

 テクノでお馴染みのニンジャ・チューンから、Ropeadope(ローパドープ・・・メデスキ・マーティン&ウッドのジョン・メデスキと共同設立したNYのレーベル。詳しくは下で。)へと移籍しての第1弾となる、2004年リリースANTIBALAS(アンティバラス)の3rdアルバム『フー・イズ・ディス・アメリカ?』です。

 ANTIBALASは、「ブラック・プレジデント」と自らを称したカリスマフェラ・クティに大きな影響を受けたと公言する、ニューヨークはブルックリン発の人種混合・大所帯(14人?!)・アフロ・ビート・ジャムバンド(長っ!)です。アフロビートにラテン、ファンクが強力に絡み合ったねちっこいグルーヴ感です。

 こちらが試聴です。曲数は少ないですが10分を超える大曲(7曲目はなんと19分)が何曲かあります。私的おすすめは、パーカッシヴで濃いグルーヴがたまらない1、ホーンセクションのフレーズがスリリングでカッコイイ3、軽快でジャズ的な4、短いけれど(インタールード)土着的なリズムが癒される5、プログレ的な展開をみせるスローテンポなゆるい6曲目です。

 アフリカ音楽のいかにも現代的な解釈ですね・・・
 同じアフリカとは言っても、先日紹介したケレティギと違い非常に現代的な音。シンセも入るしホーンも豪華。ある意味非常に刺激的なワールド・ミュージックといった立ち位置。1、3、4曲目あたりはむしろクラブ・リスナーにウケがいいんじゃないかと思います。

 ROPEADOPE(Rope a Dope、ロープアドープ)はジャザノヴァをリリースしたことでも知られる、ブラック、クラブ、ジャズ、ワールド等グルーヴィー&ジャムな音楽なら何でもござれ(?)感のあるホットなレーベルです。アパレル関係もやっていて、まさにカルチャーを創っているって感じがします。

 ローパドープのレーベルサイトはこちら。ジャズ・フェスの動画なんかもあって(いい時代になりましたねぇ)だいぶ楽しめます。→ropeadope

 あとちなみにアンティバラス・アフロビート・オーケストラ(今は改名してANTIBALASのみ)のオフィシャルサイトはこちら。試聴充実してます。→ANTIBALAS AFROBEAT ORCHESTRA アフロビートに乗る詞は実はアメリカの内部告発&アイロニー!熱い人たちです。

スポンサーサイト


当サイトに初めてご来場の方はこちら↓↓もご覧になってみて下さいね
他のオススメ!WORLD | コメント:0 | トラックバック:0
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://activa.blog33.fc2.com/tb.php/189-04053df3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。