アル・ディ・メオラ 『SPLENDIDO HOTEL』

アル・ディ・メオラ 『SPLENDIDO HOTEL』 に関するレビュー・試聴・情報を紹介しています。
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他のオススメ!スポンサー広告 |
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      2006/06/11(日)
アル・ディ・メオラ『Splendido Hotel』

AL DI MEOLA 『SPLENDIDO HOTEL』

 ここ最近のジャズ・カテゴリーはジャズ寄りだったので、今日は特に日曜日に合う、カラフルなフュージョンをお届けします。ロック・ファン、特に速弾きギタリスト好きにはぜひ聴いていただきたし!

 HR/HMといったロック界をも凌駕するほどの達人が揃うジャズ/フュージョン・ギタリスト界においても一目置かれる、世界トップレベルとの呼び声も高いテクニカル・ギタリストAL DI MEOLA(アル・ディメオラ)。今日の1枚は1980年リリースの4作目、『スプレンディド・ホテル』です。

 アル・ディメオラの独特のフレージング、粒の揃ったミュート速弾きに耳奪われます。アルバムとしてはプレイスタイル・音色とも幅広く色彩感が豊かな印象。様々な国の音楽、特にラテン、フラメンコの影響を強く受けた、国境を軽く跳び越える自由な雰囲気が良いです。ロック的・クラシック的なアプローチの曲もあり大変刺激的な傑作です。

 こちらが試聴です。私的おすすめは、激しめのロックが好きな方にぜひ!中間以降アグレッシブでスリリングなプログレ的とも言える展開が楽しめる1、日曜日の午前中に聴きたい爽やかサウンドながら後半のアコギ速弾きは聴き逃せない3、アコギとピアノ(チック・コリア)のみのスリリングなタンゴ「Two to Tango」4、イントロから一転しファンキーで彼独特のミュートした速弾き(コリコリした音)が堪能できる5、シンセとギターのユニゾンがたまらないプログレッシブ・ロック的な6、ディメオラのギター(オベーション)多重録音によるスパニッシュな7、地中海の風吹く太陽さんさん(想像)な和み系9、宗教音楽的なコーラスから入るクラシカルで幻想的な大曲(11分)10曲目です。

 AL DI MEOLA幅広い音楽性を見せてくれる珠玉の名作です・・・
 AL DI MEOLAはアメリカはニュージャージー出身で、バークリー音楽大学で学んでいます。1974年に以前紹介したチック・コリアのバンド、リターン・トゥ・フォーエバーの『Return to Forever』に参加。1976年にグループが解散するまでそのバンドで演奏し、その後ソロに転向したという経歴を持っています。

 この『SPLENDIDO HOTEL』のゲスト・ミュージシャンは特に豪華で、キーボーディストには堪らないMOOG(モーグ 読み方はムーグではないですよ、実は)を弾くヤン・ハマーや先述のチック・コリア、フィリップ・セス。ギタリストで知らない人はいないであろうギブソン社のエレキ・ギター「レスポール」を開発した伝説の人レス・ポール、正確なドラミングと抜群のリズム感で有名なスティーヴ・ガッド等が彩りを添えています。

 当然のようにテクニカルでギターが前面に出てはいますが、むげに弾き続けるということはなく、どちらかと言うと楽曲・展開で聴かせる内容。フュージョン好きのみならず、変化を求める音楽好きならいろんな方に聴いていただきたい作品です。

 一応アル・ディメオラのオフィシャルサイトはこちら。→AL DI MEOLA

スポンサーサイト


当サイトに初めてご来場の方はこちら↓↓もご覧になってみて下さいね
他のオススメ!JAZZ/FUSION | コメント:7 | トラックバック:0
コメント
この記事へのコメント
ワールドカップが始まったのでブログどころではないpiaaです。
これは私の青春の一枚です。アル・ディメオラとウェザー・リポートを聴いてワールドミュージック(当時はそんな言葉はなかった)に目覚めました。
ハードロックからフラメンコまで幅広く、高い音楽性を持ったミュージシャンですよね。
最近は今ひとつパッとしない印象がありますが、昨年TVで放送されていたライブを見たら、なかなか成熟した音楽をやっていて、
彼もこのアルバムの頃よりずっとオトナになったんだなあ、と思いました。ってこのアルバム25年も前だ。
2006/06/12(月) 00:28 | URL | piaa #-[ 編集]
ワールドカップいよいよ日本ですね。今日は私も無条件に噛り付きます。

>ハードロックからフラメンコまで幅広く、高い音楽性を持ったミュージシャン~
そうですよね。国境や人種は関係ないという、音的にはグローバルな雰囲気ですね。

最近の音は聴いてないんで、音源や映像をちょっと探してみます。私はリリース後だいぶ経ってから、10年ちょっと前に初めてアル・ディメオラとこの『SPLENDIDO HOTEL』に触れました。
2006/06/12(月) 12:38 | URL | ムーン #-[ 編集]
わー、久しぶりにこの名前を聞きました
J・ラインハルトと彼はちょこっとだけ聴きましたねぇ、ああナツカシヤ
2006/06/12(月) 17:42 | URL | フブキ #WW4bw3.2[ 編集]
>フブキさん
ですよね。毎度懐かしいものでスイマセン^^;。昔の音でもクオリティーが高いものは、今聴いても刺激的ですね。
2006/06/12(月) 22:05 | URL | ムーン #-[ 編集]
いやいやいや、記憶の彼方にあった色んな音にバシバシとシナプスが繋がっちゃってもうw

昔の音っていいですよね、すんごい実験的だったり、今だったら商業的に出来なそうなコトとか平気でやってますもんね

またオイラのシナプスを刺激してくださいましね

2006/06/13(火) 17:28 | URL | フブキ #WW4bw3.2[ 編集]
>フブキさん
そうなんですよね。昔の音って思いついた音好き勝手出しちゃいました、って音源が結構あって楽しいです。アイディアも無邪気なものが多くってね。

こちらこそ脳みそグルグルでいきたいと思います^^。
2006/06/14(水) 00:02 | URL | ムーン #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/08/04(日) 12:09 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://activa.blog33.fc2.com/tb.php/221-13991836
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。