ジェラルド・フリジーナ 『HI NOTE』

ジェラルド・フリジーナ 『HI NOTE』 に関するレビュー・試聴・情報を紹介しています。
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他のオススメ!スポンサー広告 |
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      2006/06/27(火)
『Hi Note』

GERARDO FRISINA 『HI NOTE』

 今日はちょっと小洒落れた、21世紀型イタリアン・ジャズを紹介したいと思います。

 ヨーロッパのクラブ・ジャズ系レーベルの中で今特に注目を集める、イタリアはミラノのレーベルSCHEMA(スケーマ)。そこのDJ/プロデューサーとして活躍するGERARDO FRISINA(ジェラルド・フリジーナ)のソロ・アルバムとしては2枚目、『ハイ・ノート』本国イタリアでは2003年リリースです(国内盤は2005年12月)。

 生演奏を中心にしたサウンド・プロダクション。音の印象を簡単に表現するなら「さらに踊りやすくしたラテン・ジャズ」といった感じです。クラブ・ジャズが引き合いに出されるけれど、この『HI NOTE』はかなりジャズです。そしてラテン。1曲を除いて全てGERARDO FRISINAが作曲。ラテンやジャズの熱さ・グルーヴを、上手くクールに伝えてくれています。

 こちらが試聴です。下の曲の試聴は、遅れて表示される矢印マークにカーソルを合わせてくださいね。私的おすすめは、イントロのベースラインに惹かれる1、軽快で爽快なジャジー・ブロークン・ビーツ2、スリリングな印象・・・スパイっぽい4、ボッサ・テイストな歌モノ完全和み系5、パーカッシブで単純ながらコードチェンジが気持ちイイ7、ラテンでムーディーなミディアム・チューン8、熱気帯びたジャズ・ハウス9、細かい所まで気が回っている小気味の良い11、あと国内盤のみの収録の同じくSCHEMAの看板アーティストニコラ・コンテのダンサブルなリミックス13曲目です。

 全曲クオリティは非常に高いので安心してお好みの曲をお探しください・・・
 GERARDO FRISINA本人あまりサンプリングが好きじゃないということで、ほとんどがバンドによる生演奏。ビートを付け足したりはありますが(次作3rd『ラテン・キック』は完全生演奏)、プログラミングは必要最小限といった感じです。でもとてもダンサブルでグルーヴィー。

 ラウンジーにBGMとしても聴けるし、もちろん大音量にしたらご機嫌で踊れるフロア対応でもある。しかも全体の空気感は統一されていて、全曲完成度がとても高く、スキがない。名盤です。

 ジャズな生音が好きなクラブ・ラヴァーはチェックしとかなきゃだめですよ。あとハウス好きも。もちろん家で聴く、ちょっと体が動かしやすいジャズ(笑)として、コテコテのジャズが苦手な人にもGERARDO FRISINAオススメしておきます。よりラテンな音が聴きたい方は最近出た3rd『ラテン・キック』もチェックしてみてくださいね。

 ちなみに試聴も充実したスケーマのサイトはこちら。悔しいけれどジャケットおしゃれです(何で悔しがるの?!>私)。→SCHEMA RECORDS

 輸入盤はHMVが安い模様。amazonの『HI NOTE』輸入盤高いです。

 こちらがニコラ・コンテのリミックス「Gica's Dance」を収録した国内盤です。
スポンサーサイト


当サイトに初めてご来場の方はこちら↓↓もご覧になってみて下さいね
他のオススメ!JAZZ/FUSION | コメント:0 | トラックバック:1
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://activa.blog33.fc2.com/tb.php/239-5eecb9cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2016/12/31(土) 23:11:28 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。