キングス・オブ・コンビニエンス 『RIOT ON AN EMPTY STREET』

キングス・オブ・コンビニエンス 『RIOT ON AN EMPTY STREET』 に関するレビュー・試聴・情報を紹介しています。
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他のオススメ!スポンサー広告 |
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      2006/06/28(水)
キングス・オブ・コンビニエンス『Riot On An Empty Street』

KINGS OF CONVENIENCE 『RIOT ON AN EMPTY STREET』

 何なんですか、この温か味がありながらどこかクールで絶妙な配置、尚且つ余裕溢れる雰囲気のジャケットは!しかもこの真ん中の女性、メンバーじゃないし(ゲストのFEISTですかね)^^。私的にはもうこれだけで佳作以上確定といった感じなんですけど(笑)。先に申しますと、やさしい気持ちになりたい時にオススメの1枚です。

 北欧ノルウェー出身の、2人の実力あるマルチプレイヤーERLEND OYE(アーランド Vo、G、Piano、Dr)とEIRIK GLAMBEK BOE(アイリック Vo、G、Piano、Dr)によるフォーク、ネオアコ的デュオがこのKINGS OF CONVENIENCE(キングス・オブ・コンビニエンス)です。今日の1枚は2004年リリースのオリジナルとしては3rdとなる『ライオット・オン・アン・エンプティー・ストリート』です。

 何というか周囲に創り出す空気が、緯度の低い私たちとは全く違うといった感じ。透明感って言うんでしょうかね。なぜこうも同じ楽器の組み合わせながら、出てくる音が違うのか?ハーモニーは深みと浮遊感を両立させ、アコースティックで生身な音・メロディは心の琴線に否応なしに触れてきます。ぜひフルレングスでご賞味あれ。

 こちらが試聴(要FLASH PLAYERですが、フルレングスでいけます!)です。FLASH不可な方はこちらからどうぞ→試聴。私的おすすめは、ピアノとストリングスが特に琴線に触れてくるウェットな印象の「Misread」2、2人の声・ハーモニーの魅力が詰まった心洗われる3、ちょっとボサノバな曲調で女性Vo.Feist(後述)のコーラスも入るやや切ない系5、アンニュイなゆるいグルーヴが気持ちいい6、バンジョーがチャームポイントなロックっぽい7、いろんな意味で中性的なボッサで後半の和声で昇天できる9、2人のみで奏でられる極上の癒し系(安易な表現でゴメンナサイ)「Surprise Ice」10、後半再びFeistをフィーチャーしたアルバム最後にふさわしいチルアウト加減の12曲目です。

 ネオアコ好きはハマる可能性大ですが、帰ってきてくださいね(試聴から)^^・・・
 ベルセバやサイモン&ガーファンクルも引き合いに出されるErlend ØyeとEirik Glambek Bøeの2人。ちょっとキテル学者風のメガネ君がアーランドで、ちょっとイケメン風のメガネなし君がアイリックです。共にノルウェー第2の都市ベルゲン出身で、イギリスに移っています。

 先述の通り2人とも歌・ピアノ・ギター・ドラムをこなすマルチプレイヤーで、この『RIOT ON AN EMPTY STREET』でも曲によってお互い正反対のパートを演奏しています。作詞作曲も共同のKINGS OF CONVENIENCE名義、演奏の息もぴったり合っていて、聴いているとある意味幸せを感じるほどの空気感&シンクロ具合です。

 2003年には、アーランド・オイエプレフューズ73等様々なプロデューサーと世界各都市でコラボレーションしたソロ・アルバム『UNREST』(まだ未紹介ですがレイ・ハラカミの1stと同タイトル)、さらにはミックスもの『DJ KICKS』をリリース。洗練されたエレクトロ・ポップを聴かせてくれました。クラブ音楽好きにはこちらの名の方が通っているかもしれませんね。

 ポップで聴きやすいですが、心に届く(作用する)何かがあります。ネオアコ好きだけでなく、このサイトを訪れる全ての人に聴いていただきたい作品です。

 漂う空気、そしてセンスの違いを肌で感じる動画(PV)やインタビュー映像もある、充実のキングス・オブ・コンビニエンスのオフィシャルサイトはこちら。→KINGS OF CONVENIENCE

 気持ちの良いフォーク・ロックを聴かせてくれる女性SSW、FEIST(ファイスト)ことLeslie Feist(レスリー・ファイスト)の紹介はこちら。試聴もできます。→FEIST日本語 一応オフィシャルサイトはこちら。映像・動画・試聴充実してます。→FEIST

 ↓他にこんな作品をリリースしています。興味がわいちゃった方はKINGS OF CONVENIENCE、ぜひチェックしてみてくださいね^^。

スポンサーサイト


当サイトに初めてご来場の方はこちら↓↓もご覧になってみて下さいね
他のオススメ!ROCK/POPS | コメント:4 | トラックバック:0
コメント
この記事へのコメント
空気感が素敵です。特別な事をしてないのになんでこんな音がでるんですか?やはり、『場』のチカラというものはあるんでしょうか?
じっくり視聴してしまいました。
2006/06/29(木) 21:48 | URL | よさん #-[ 編集]
あちらの世界から無事帰ってこられたんですね。良かった良かった。

試聴していただきありがとうございます。特別な空気が流れてますよね。KINGS OF CONVENIENCEのみならず、北欧密かにすごいです。近いうちにまた北欧モノ紹介予定です。
2006/06/30(金) 00:18 | URL | ムーン #-[ 編集]
私も大好きですよ~KINGS OF CONVENIENCE。
疲れている時やボーッとしたい時にずっと流しておきたい曲ばかりです。
2人とも声がすごくいいんですよね。
オイエ君のDJ KICKSも懐かしい香りがしてよく聴きました。(おすすめ!)
PVもほのぼのあり、せつない系あり、
あぁ、北欧に住みたい。
2006/07/01(土) 18:54 | URL | azzaro #FF3H9HIM[ 編集]
>azzaroさん
azzaroさんも聴かれてましたか~。いいですよね、脱力系で。ホント声がいい。

PVはオイエ君の踊り(何のPVだったかな?)もコミカルで好きです。DJ KICKS私も聴きましたよ。KINGS OF CONVENIENCEとは別に、こういう面も持っているってのもまたすごいですよね。

北欧恐るべしです。
2006/07/01(土) 22:18 | URL | ムーン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://activa.blog33.fc2.com/tb.php/240-00d501e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。