東京ザヴィヌルバッハ 『COOL CLUSTER』

東京ザヴィヌルバッハ 『COOL CLUSTER』 に関するレビュー・試聴・情報を紹介しています。
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他のオススメ!スポンサー広告 |
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      2006/07/05(水)
東京ザヴィヌルバッハ『Cool Cluster』

TOKYO ZAWINUL BACH 『COOL CLUSTER』

 ジャズ好きに聞かせるのは一抹の不安が頭をかすめますが・・・まぁいいでしょう(開き直り)。ジャズ好きの方、ぜひ聴いてみてください!電子音の存分に入ったアヴァンギャルドなジャズです。

 デート・コース・ペンタゴン・ロイヤル・ガーデンでもお馴染みの2人、ジャズをベースに比較的先鋭的な音楽性を持つ実力派キーボード奏者坪口昌恭(Key&Computer"M" on macintosh)と、映画音楽監督/文筆家/音楽講師など肩書き多数の、おそらく現在最も忙しいジャズ・ミュージシャン菊地成孔(Sax&CDJ)によるユニットが東京ザヴィヌルバッハ。今日の1枚は2002年リリースのオリジナル・アルバムとしては1st『クール・クラスター』、生身の人間と機械の気持ちいい出会いです。

 リズム・セクションを担当しているのは、フランスで80年代に開発された「M」という、音楽を自動的に生成するコンピュータ・ソフト。M(B&Dr)による奇天烈なリズムトラックに反応・シンクロする2人のプレイは、熱くなくスリリング。コンピューター・ソフトとのセッションながら、血の通ったインプロヴィゼーション(即興)的な21世紀型フュージョンを聴かせてくれます。

 こちらが試聴(ちょっと長めに聴けます)です。曲は7曲と少ないですが10分近い大曲もあります。目くるめく展開で説明し難いので、試聴で聴ける範囲でのおすすめポイントを。私的おすすめは、ポリリズム感全開スットコリズムの2、坪口昌恭の柔らかい感覚が発揮された3、ファンクやフュージョンのグルーヴを感じる4、テクノ寄りサイバー・ファンク5曲目です。他の曲も試聴では聴けない美味しい仕掛けがたくさんあるので、踊れない系テクノが好きな人(生音好きは特に)にはツボ率高いと思います。

 実験的ですが、かなりポップな耳触りです・・・
 コンピューターとセッションするというアイディアも奇抜ですが、それだけにとどまらない高い技術力・音楽性に根ざした聴かせる要素も満載です。エレクトロニカと思って聴き始めても、聴き終わるころにはフュージョンやファンクを耳にしていた錯覚を抱きます。

 Mによるころころ変わるポリリズム満載のリズムパターンや菊地成孔のCDJの為か断片的、サウンド・コラージュ的と言われているようですが、私はさほど気になりませんでした。坪口昌恭のプレイ・音選びが上手いこと統一感や流れを生み出していて、上に乗る菊地成孔のサックスも浮遊感ある伸びやかなものです。むしろ私は不連続の整合性みたいなものを感じました。

 当時の東京ザヴィヌルバッハのインタビュー記事はこちらから。→bounce 詳しいTZB情報や活動歴はこちらをご覧ください。→東京ザヴィヌルバッハ

 20世紀中は山下洋輔グループ、ティポグラフィカ(今堀恒夫主宰)、グランドゼロ(大友良英主宰)等で活躍してきた菊地成孔(※きくちなるよしって読みます)ですが、最も最近の活動としては以前紹介したUAとのコラボレーションがあります。しかもアルバム『CURE JAZZ』がUA×菊地成孔名義で7月19日に発売予定です。お互いの作品に参加しあった仲。楽しみですね。
↓内容詳細が書かれていますので、興味のある方は下をチェックしてみて下さいね。

 現在東京大学教養学部非常勤講師(「ジャズ~20世紀アメリカ史」「マイルス・デイヴィス研究」)として教鞭を振るっています。ここは本人がリアルに書き込みをする掲示板です。彼のスノッブになり過ぎない軽妙且つ軽く無責任な語り口が楽しめます。→菊地成孔東大ゼミ非公式 website あとオフィシャルサイトはこちら→Naruyoshi Kikuchi 関連ディスクまた取り上げます。
 
スポンサーサイト


当サイトに初めてご来場の方はこちら↓↓もご覧になってみて下さいね
他のオススメ!ELECTRONICA-JAPANESE | コメント:4 | トラックバック:1
コメント
この記事へのコメント
いいじゃないですか、コレ!
『ノらせてたまるか!』的な音、大好きです
こういった異才(異能?)にスポットが当たらないのって、良い事なのか悪い事なのか
変に人気出ても嫌な気もしますが(苦笑
2006/07/06(木) 18:46 | URL | フブキ #WW4bw3.2[ 編集]
ですよね。

>『ノらせてたまるか!』
なるほど。私も好きというか本気になっちゃいますね。

この辺りの音ってジャンル分けが難しい、というかそもそも逸脱しようというベクトルなのでメディアが扱い辛いんじゃないですかね。

もう少しは楽しむ人が増えてもいいと思いますよ。バカ売れはしないと思いますし^^。
2006/07/06(木) 23:34 | URL | ムーン #-[ 編集]
TZB好きのジャズ好きです。
初めまして。
TZB検索で来ました。
普段はジャズばっかりな生活ですが、完全にハマりました。
この後、DCPRG行って、菊地著書行って、菊地音楽行って、なので
思い入れ(と言うほどでもないです)がちょっとあるユニットです。
2006/07/15(土) 09:53 | URL | oza。 #CeIfeFHM[ 編集]
素敵ですね!
oza。さん、ご来場&コメントありがとうございます。

ジャズと東京ザヴィヌルバッハを平行して・・・素敵ですね!私もこの絶妙なバランスにはまりました。

DCPRGもまた紹介するつもりです。良かったらまた遊びに来てくださいね。
2006/07/15(土) 22:09 | URL | ムーン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://activa.blog33.fc2.com/tb.php/248-cab91dc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
東京ザヴィヌルバッハあるいは、tzbというユニット名がワタシのblogのそこここに出てきているのですがそのユニットについてあまりまともに書いていないようなので、今日はそのあたりをちょこっと紹介商会。楽曲について、大雑把に書こうかと思ったのですが、ネタ切れ時に、
2006/07/15(土) 09:46:19 | JAZZとAUDIOが出会うと...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。