トム・ヨーク 『THE ERASER』

トム・ヨーク 『THE ERASER』 に関するレビュー・試聴・情報を紹介しています。
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他のオススメ!スポンサー広告 |
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      2006/07/06(木)
トム・ヨーク『The Eraser』

THOM YORKE 『THE ERASER』

 書かずにはいられませんでした(笑)。聴き込むことで印象が変わるかも知れませんが、そんなことはお構いなしに第一印象を綴りたいと思います。先に言っておくと全編歌モノです。

 いいです!というか私は好きです!

 つい先日取り上げた、音楽好きでその名知らない人はいないであろうUKのバンドレディオヘッド。そのヴォーカリストで作曲を手掛けるTHOM YORKE(トム・ヨーク)が今日の主役です。この1枚は昨日発売となった彼のソロとしては初のアルバム『ジ・イレイザー』、XL Recordingsからです。

 ザクッと言うと、前情報どおりつい先日取り上げた『KID A』に近いエレクトロニカ寄りの作風。でも確かに当時の音に近い感触はあるけれど、漂う空気の温度は全く違います。ヴォーカル・スタイルも人肌感あるものです。「レディオヘッドとして出せば・・・」という声も聴きましたが、私はバンドでのスタンスとはだいぶ違うなぁと感じました、直感的・感覚的なものですが。

 こちらが試聴です。私的おすすめは、ピアノのイントロからやられる後半の夢幻的な音も良い一押しタイトル曲「THE ERASER」1、中近東系の音階に徐々に誘われる2、結構アグレッシブなビートを聴かせてくれる3、淡々と紡がれるTHOM YORKE流の21世紀発古臭いロック「Black Swan」4、歌い方もバンドより幅広い気がする5、同じく歌の自由度・ポップ度の高いファルセットに昇天系「Atoms For Peace」6、ダイナミックなファンクネスを感じる「Harrowdown Hill」8、中毒性高いシリアスな雰囲気のハイテンポ・エレクトロニカ「Cymbal Rush」9曲目です。

 トム・ヨーク『ジ・イレイザー』、全体通して気に入っています・・・
 レディオヘッドでのサウンド・プロダクションと違って、バンドサウンド・アンサンブルに対する執着は全くと言って良いほど感じられないです。しかしダイナミズム、起伏はかなり感じるアルバムになっています。あと想像していたよりもテンポ速めな曲が多いです。

 全体の印象としては、音の位相(牙の出し方^^)は違うけれどナイン・インチ・ネイルズに近い肌触りに感じました。静かな美しさと、たまに出る牙・狂気が共存する、まさにこの世界を描き出しているんだと思います。

 何か極端に新しいことに挑戦したという内容ではないですが、意外とも言えるポップなエレクトロニック具合は高品質で、私は賞賛に値すると思っています。またトム・ヨークというある種の声の魔術師が珍しく見せる、伸びやかでちょっと情緒的なボーカル・スタイルも聴き所でしょう。

 プロデュース/アレンジにはレディオヘッドの旧作でもお馴染みナイジェル・ゴドリッジを起用。ヴォーカルはもとより演奏もTHOM YORKE本人が手掛けているようです。詳しくは→bounce これから歌詞をじっくり読みながら、聴き直してみます。

 歌詞(英語)はこちらのサイトでご覧になれます。→THE ERASER歌詞 あとこちらXL Recordingsの『THE ERASER』特設サイトでは、TV右上の小さい四角をクリックすることで、映像付き試聴やインタビュー動画、トム・ヨーク本人が語る曲解説を見られます。ファンは絶対チェック!!→THOM YORKE 一応日本のオフィシャルサイトはこちら。→THE ERASER 3曲フルレングスで試聴できます。→MYSPACE

 ↓『ジ・イレイザー』国内盤、送料無料。

 ↓こちらは輸入盤。


 追記
2006.9.29のNEWS23(ニュース23)金曜深夜便でトム・ヨークのインタビューがありました。放送の内容はこちらからご覧いただけます。→YouTube
スポンサーサイト


当サイトに初めてご来場の方はこちら↓↓もご覧になってみて下さいね
他のオススメ!ROCK/POPS | コメント:8 | トラックバック:8
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
トム・ヨークでの検索からお伺いしました。
いきなりですがTBさせてください。よろしくお願いします。
近年のレディオヘッドには無いポップさですが、かなり気に入っています!こういうトム・ヨークも良いなぁと思います!
それに聴けば聴くほど良さが伝わってくるようで・・・とにかくお気に入りです。
2006/07/09(日) 00:51 | URL | kid d #-[ 編集]
kid dさん、ご来場&コメント、TBありがとうございます。

そうですね。レディオヘッドとは空気が違いますよね。あとkid dさんのページで親近感という言葉を使ってらっしゃいましたが、まさに言い得て妙だと思いました。

私もトム・ヨーク、ハマっています^^。
2006/07/09(日) 01:32 | URL | ムーン #-[ 編集]
TB&コメントありがとうございました
ムーンさん
TB&コメントありがとうございました。
まるで宅録のような雰囲気、トム・ヨークの素顔が見えてくる音ですね。
最初はこの時期にソロを出す意味があるのだろうかと疑問に感じていましたが、1曲目のイントロでそんな思いは吹き飛んでしまいました。
2006/07/09(日) 09:10 | URL | Nao #halAVcVc[ 編集]
Naoさん、こちらこそありがとうございます。

確かに時期的におよっと思うところはありましたが、今は音を聴いて今は十分納得しています。

あのピアノはぐっときますよね。
2006/07/09(日) 21:55 | URL | ムーン #-[ 編集]
TBとコメントどうもでした!
レディオヘッド関係は超ライトユーザーの私も素直にカッコイイと思えました。

ちょくちょく遊びに来ますですー。
2006/08/04(金) 01:39 | URL | アンビタッチ #ZaerkRB6[ 編集]
アンビタッチさん、ご来場&コメント&TB
ありがとうございます。

こちらこそ文中リンクありがとうございます。
見ての通りの何でもあり加減ですが^^よろしけ
ばまたお越しください。お待ちしています!
2006/08/04(金) 21:18 | URL | ムーン #-[ 編集]
こんにちは。こちらのブログへのコメント、どうもありがとうございました。
僕は自分でキーボードを弾くので、なんとなくコピったりして楽しんでます。コードを弾くだけでかなりの快感があって、やっぱりすごいなぁとおもいます(アルバムのようなアレンジ抜きであっても)。
2006/09/10(日) 15:35 | URL | muse #Fq.t1ZMk[ 編集]
こちらこそ、ご来場&コメントありがとうございます。

私も以前曲を書いたりキーボード(シンセ)を弾いていたんですよ!

トム・ヨークをコピーするというのもまた面白い楽しみ方ですね!

また遊びに伺います。
2006/09/10(日) 23:35 | URL | ムーン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://activa.blog33.fc2.com/tb.php/249-49d419f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
(KID Dの独り言) ここ数日は、このアルバムばかり聴いているのですが、やっぱり・・・素晴らしい!!聴けば聴くほど、好きになっていきます!トム・ヨークが事前に「『The Eraser』のサウンドは「ビートや電子音の方が多いが、(それでも)歌ではある」と語っていた通り、
2006/07/09(日) 00:40:14 | KID A + DのROCK数珠繋ぎ
ジ・イレイザートム・ヨーク2006年7月レディオヘッドのフロントマン、トム・ヨークの初ソロ作品。バンドとは異なる音世界を「よりビートがきいていて、エレクトロニクスな音」と本人が自身のブログで語っている。プロデュースはナイジェル・ゴドリッチ。日本先行発売。
2006/07/09(日) 09:10:30 | NaoLOG
ネットで大体の曲を試聴したが、素晴らしいアルバムになることは間違いない。トム・ヨークの音楽的素養が十二分に発揮されており、大変「自由!」な作品に仕上がるはずだ。
2006/07/16(日) 04:04:52 | 映画・音楽大好き
最近売れているのか、イチオシしているCD屋さんが多い。 音の方は何とも涼しげで、この時期にはぴったりだと思う。 やっぱりこの声だろうなー。 レディオヘッドのKIDAとかより、自分的には好感が持てるというか。 多分ソロ名義だから潔く感じるのかも知れない。 一瞬、とい
2006/08/03(木) 09:32:25 | アンビタッチ
先月発売されたトム・ヨークのソロ・デビュー作『ジ・イレイザー』をようやく聴いた。レディオヘッドの音楽と大きく違うものではないけれど、トム・ヨークはここでもまた新しい世界を見せてくれる。そして美しい。一言で言うなら、これは「絶望の淵で癒してくれる音楽」であ
2006/09/09(土) 17:24:50 | Muse on Music.
29日の夜、TBS「筑紫哲也 NEWS23」にインタビュー出演。同番組の膳場アナがロンドンにあるスタジオ(?)を訪れてインタビューが行われている。世界情勢・社会問題には積極的なリアクションを示すが、パーソナルな質問になると、明らかな拒絶反応のトムヨーク。個
2006/09/30(土) 13:24:29 | 音楽羅針板「ザビエル」
音楽つながりでこれもメモ。 今夏、レディオヘッドのトムヨークが出したソロアルバ...
2006/10/06(金) 19:47:17 | 魯祐の巻物 | sakana no makimono
NO.00636トム・ヨークのソロデビューアルバム『ジ・イレイザー』まさかこんなに励まされるなんて!?昨日の退職に関してお言葉を掛けて頂いた皆様本当にありがとうございました。正直、記事で伝えるよりももっと落ち込み不安を抱えていました。でも、....
2007/01/14(日) 11:26:45 | まい・ふぇいばりっと・あるばむ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。