ジョアン・ジルベルト 『JOAO GILBERTO』

ジョアン・ジルベルト 『JOAO GILBERTO』 に関するレビュー・試聴・情報を紹介しています。
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他のオススメ!スポンサー広告 |
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      2006/07/13(木)
ジョアン・ジルベルト『João Gilberto』

JOAO GILBERTO 『João Gilberto(Águas de Março)』

 暑い季節はやはりボサノバ。でWaters of March、三月の水・・・私は何度このアルバムに感動したら気が済むんだろう。今日は昨日に続いて大名盤です。でも聴いたことのない人には、想像しているよりもきっと刺激的なボッサだと思います。

 ボサノバというジャンルを創成に大きく貢献した1人、João Gilberto(ジョアン・ジルベルト)の1973年録音の作品『AGUAS DE MARCO 邦題:三月の水』です。ジョアン・ジルベルトによるギター&ヴォーカルに、Sonny Carr(ソニー・カー)パーカッション(ほとんどハイハット・シンバル)のみという、非常にシンプルな編成ながらとんでもなく広く深い世界を見せてくれる作品です。

 絶品です。「癒しとか和み」とかいった一種薄っぺらく(残念ながら私も良く使いますが)響く言葉では表現できないのです。一般的なボサノヴァのイメージ「太陽さんさん」な雰囲気はそれほど強くないのです。思いの外抽象的というか、中性的というか。まぁとりあえず彼のやさしく深い耳元でささやくような声をお楽しみください。

 こちらが試聴です。足りない曲は下のHMVからどうぞ。私的おすすめは、節回しリズム感が絶妙で気持ちいい1、いわゆるボサノバのイメージとは一線を画す夢幻的で迷走的な密かに一押し2、声に聴き入る4、サンバのクラシックの1曲に数えられる6、ちょっと不安定というか危うい雰囲気漂う9、奥さんMiucha(ミウーシャ)との温かいデュエット10曲目です。

 アンニュイな雰囲気もありますが、シリアスな感じもします・・・
 軽く彼ジョアン・ジルベルトの経歴を。1931年ブラジル北東部バイーア州ジュアゼイロ生まれ。マリファナ中毒となっていたこともあるそうです。バスルームに一日中閉じこもり、ヴィオラン(クラシック・ギター)を弾きながら歌を歌い続け、その中でサンバのリズムをギターだけで表現する、独特の技法(バチーダ、現在の「ボッサ・ギター」こちらに詳しく。→DAKE & ZONO STYLE)を生み出したようです。

 またライナーノートに書いてあったのですが、奥さんミウーシャによると「ジョアン・ジルベルトは音楽に対する究極のプロで、1曲のハーモニーをつけるために18時間ぶっ通しで弾き続けたことが何度もあった」のだそう。

 実際この『三月の水』を聴くと、すごくプライベートな空気感があります。それは私たち聴くものの耳元で歌っているような感じからくるものと、ジョアンの歌・楽曲の自己の内に向かうような(イメージとしては「あっけらかん」の正反対)印象からくるものでしょう。好きなんです、この陰り。また紹介しますね。

 つい最近のような気がしますが^^;、2003年には初の来日公演で大きな話題になりました。私は行かれなかったのですが、ボサノバの伝説であるジョアン・ジルベルトを一目見ようと多くの人が来日公演に集まったようです。

 一応ジョアン・ジルベルトのオフィシャルサイトはこちら。→JOAO GILBERTO
 HMVでは全曲試聴できます。

 2006年春に出た限定価格盤です。興味のある方はぜひ。
スポンサーサイト


当サイトに初めてご来場の方はこちら↓↓もご覧になってみて下さいね
他のオススメ!WORLD | コメント:0 | トラックバック:2
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://activa.blog33.fc2.com/tb.php/255-b4f204be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
●第18回 ジョアン・ジルベルト・イン・トーキョー ~エロ親父の恍惚~New! あ...
2006/10/31(火) 07:34:12 | (裏)作曲の王道 ジャズ & ポップス・レビュー プロフィール
カサンドラ・ウイルソン(Cassandra Wilson)といえば、ジャズを代表する女性ボーカリストだが、彼女が2002年に発表したアルバム「Belly of The sun」の中に♪Water of Marchという曲があります。非常に軽やかで一度聴いて気に入ってしまいました。♪Water of Marchという曲は
2007/01/14(日) 18:47:25 | シュリンパーズ・ネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。