ピンク・フロイド 『THE PIPER AT THE GATES OF DAWN』

ピンク・フロイド 『THE PIPER AT THE GATES OF DAWN』 に関するレビュー・試聴・情報を紹介しています。
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他のオススメ!スポンサー広告 |
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      2006/07/15(土)
ピンク・フロイド『The Piper At The Gates Of Dawn』

↓↓当サイトで紹介した他のピンク・フロイドのディスクはこちら
PINK FLOYD

PINK FLOYD 『THE PIPER AT THE GATES OF DAWN』

 つい先日7月7日Syd Barrett(シド・バレット 1946-2006)が亡くなったそうですね。享年60歳、死因は糖尿病に起因する合併症だそうです。ご冥福をお祈りします。この情報を知ったのが遅ればせながら今日だったので、追悼の意味も勝手に込めて、今日はサイケデリック・ロックを。

 シド・バレット在籍時のピンク・フロイド唯一のオリジナル・アルバム『ザ・パイパー・アット・ザ・ゲイツ・オブ・ドーン 邦題:夜明けの口笛吹き』。1曲を除いて全ての曲を彼が手掛けた、まさにシド・バレットのバンドだった1967年リリース、PINK FLOYDの伝説的1stアルバムです。

 歌謡曲しか聞かない人には全くもって理解不能な音絵巻、歌詞も難解。アンビエントや音響系に近い肌触りの曲あり、一聴フォーキーなポップソングあり、サイケデリック・ロックの名盤というだけあって色彩感豊か。ねじれたロックが好きな方は、一度は耳にしておいてもバチは当たらないと思います。いややっぱり素直におすすめします。じわじわきますよ^^。

 こちらが試聴です。私的おすすめは、何でもありで輝いているまさにサイケな「Astronomy Domine」1、スピード感・逃走感があるスリリングな「Lucifer Sam」2、アンビエントで美しい世界観を描いた4、なんとも形容しがたい煙たい感じや幻覚的な感じがいい5、テンション高まるハイテンポな6、もう見えないものが見えているとしか思えない浮世離れのトリッピー・サウンドな大曲「Interstellar Overdrive」7、おもちゃ箱系カオティック・サウンド「Bike」11曲目です。

 精神崩壊をきたしたシド・・・本当に惜しい才能でした・・・
 サイケデリック・・・LSDなどの幻覚剤によって生じる幻覚や陶酔状態を想起させるさま。1960年代後半、そのような、原色を駆使した美術やロック音楽が流行した、だそうです(YAHOO!辞書より)。一応プログレッシブ・ロックのカテゴリーに入れてしまいましたが、まさにUKのサイケデリック・サウンドです。

 私がこの『夜明けの口笛吹き』を理解、いや理解は今でも出来ていないかも、味わう事が出来るようになったのは、実は比較的最近の事なのです。いろんな音楽、特にロックを聴いてきて、ふとこの40年近く前(!!)の音楽を聴くと、みんなサイケから(当然サイケだって様々な影響を受けてのものだけれど)大きな影響を受けて進んで来たんだな、ってしみじみ思います。

 そう現代の音楽に含まれる様々な要素の息吹を感じる、そんな作品なんです。これ聴いてはまっちゃったら、あのアーティストやあのバンドの音はちょっと聴いていられなるかも?^^;

 一応当時のメンバーはSyd Barrett(シド・バレット Vo&G)Roger Waters(ロジャー・ウォーターズ B&Vo)Richard Wright(リチャード・ライト Key&Vo)Nick Mason(ニック・メイスン Dr)の4人。PINK FLOYDのオリジナル・メンバーです。

 ピンク・フロイドのオフィシャルサイトはこちら。手が込んでいてアーティスティック。歌詞も見られます。→PINK FLOYD と思ったらこちらには歌詞のみならずコード進行まで載ってました。→PINK FLOYD&CO. シド・バレットのオフィシャルサイトはこちら。陰りがあってかっこ良かったシドの写真がたくさんあります。→SYD BARRETT

 繰り返しになりますがRoger Keith 'Syd' Barrett、ありがとう。ゆっくり休んでください。


 ↓こちらは解説付き国内盤
スポンサーサイト


当サイトに初めてご来場の方はこちら↓↓もご覧になってみて下さいね
他のオススメ!PROGRESSIVE ROCK | コメント:2 | トラックバック:1
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。最近ココを見つけてちょくちょくのぞきに来てるハチマキと申します。先日シドが亡くなったことを知りました。てもう60歳だったんですね。でもおじいちゃんになっても名作を生み続けているアーティストは多いのでいつかカムバックして欲しいなと思ってたんですが残念です。このアルバムは僕も好きです。でもプログレ好きからは評価低いのが残念ですね。60年代のアルバムなのに音響的にも優れていたり、オルタナっぽさもあり近年のロックと比べても面白いと思うんですがね。クラシカルな感じはしないのも魅力かと。
2006/07/17(月) 13:02 | URL | ハチマキ #7Vwe54W6[ 編集]
ハチマキさん、ご来場&コメントありがとうございます。

そうですね、もう還暦だったんですね。でもそう考えるとこの『夜明けの口笛吹き』は彼らが二十歳そこそこで作り上げたものってことですよね。

私も今の耳を持った人(若者?)にこそ聴いて欲しいと思っています。すごくアイディアに富んでいて面白い、って感じてくれる人もいると思うんですよね。
2006/07/17(月) 22:40 | URL | ムーン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://activa.blog33.fc2.com/tb.php/257-7deaa6d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Pink Floydの1stアルバム『The Piper at the Gates of Dawn(邦題:夜明けの口笛吹き)』。1967年発表。たぶん今まで聴いたレコードの中では、最も分かりやすいサイケ・サウンドを鳴らしているアルバムだと思います。同時期にサイケを演っていたビートルズやビーチボーイ...
2007/02/28(水) 09:11:44 | ROCK野郎のロックなブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。