パンテラ 『VULGAR DISPLAY OF POWER』

パンテラ 『VULGAR DISPLAY OF POWER』 に関するレビュー・試聴・情報を紹介しています。
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他のオススメ!スポンサー広告 |
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      2006/08/24(木)
パンテラ『Vulgar Display Of Power』

PANTERA 『VULGAR DISPLAY OF POWER』

 走らずにはいられません。ぶっ飛ばずにはいられません。頭を振らずにもいられません。そんな音楽を今日は。へヴィ・メタル、スラッシュなんて呼ばれる音です。出会った時の脳天直撃の感じは今でも忘れられません。もうそろそろ15年前ですか!

 パワーメタルの開祖とも言われる、1981年アメリカテキサス州ダラスで結成されたヘヴィメタル・バンドPANTERA(パンテラ)。彼らのメジャー2枚目(通算6枚目?)、HR/HM界では歴史的な名盤でしょう!1992年リリースの『ヴァルガー・ディスプレイ・オブ・パワー 邦題:俗悪』です。

 たまに聴くと血がたぎりますね(笑)。ジャキジャキのディストーション・ギターに印象的なバスドラム(まさにキックっていう音)。切れ味抜群、この音色、このジャンルにありながらここまで聴きやすくアグレッシヴなメタル(ロック)はそうそうないでしょう。今聴きなおしましたがリフもソロもかっこいいじゃない!

 こちらが試聴です。私的おすすめは、何はなくともこの1曲目でひっくり返ったへヴィメタル好きで知らぬ人はいない(言い過ぎ?)名曲「Mouth for War」1、厚い音ながら軽快で小気味良い「A New Level」2、こちらも耳にしている方が多いんじゃないでしょうか?結構ヒットした「Walk」3、ハイテンポで疾走系ながらメロディーラインが非常にきれいな4、ドラマチックな曲展開・振幅にやられる「This Love」5、ソロ等インスト部が特に痺れる6、複雑なリズムとドラミングが聴き所7曲目です。全曲気が抜けない凝った作りでホントカッコイイです。

 まずは日常の自分を振り切るところから始めましょう^^やっぱ『俗悪』イイですね・・・
 激しいのに聴かせるメロディに、凝った曲展開。たまらんですね!またまたYouTubeに落ちてたPVですが、ぜひフルレングスで動画をお楽しみください。ヘッドバンギングの準備はよろしいですか?!


 ぶっ飛ぶでしょう?一応『俗悪』当時のメンバーは、Phil Anselmo(フィル・アンセルモ Vo)、Diamond Darrell(ダイアモンド・ダレル)ことDimebag Darrell(ダイムバッグ・ダレル G)、Vinnie Paul(ヴィニー・ポール Dr)、Rex Brown(レックス・ブラウン B)。男気ある(想像)シンプルな4人編成です、この音圧で(笑)。

 機会があったらメジャー1stもいずれ紹介しますね。

 ちなみにパンテラのオフィシャルサイトはこちら。→PANTERA

スポンサーサイト


当サイトに初めてご来場の方はこちら↓↓もご覧になってみて下さいね
他のオススメ!PUNK/HR/HM | コメント:2 | トラックバック:0
コメント
この記事へのコメント
パンテラカッコいいですよね。
極端ないいかたすると、彼らはメタルの未来そのものだったと思うんだけどなぁ。
それだけにあの事件は残念です・・・・・・。
2006/08/25(金) 13:30 | URL | shooter #-[ 編集]
>あの事件
ダレルが殺害されたことですかね?本当に残念です。ある意味15年前にはすでに完成していたんですよね、へヴィメタルって。特にこのアルバムを聴くと本当にそう思います。
2006/08/25(金) 23:26 | URL | ムーン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://activa.blog33.fc2.com/tb.php/290-abfdecf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。