クイーン 『A NIGHT AT THE OPERA』

クイーン 『A NIGHT AT THE OPERA』 に関するレビュー・試聴・情報を紹介しています。
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他のオススメ!スポンサー広告 |
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      2006/08/26(土)
クイーン『A Night at the Opera』

QUEEN 『A NIGHT AT THE OPERA』

 私の中で白色人種系統の中で最も気に入っているヴォーカリストが今日の主役です。残念ながら若くしてエイズによるカリニ肺炎で亡くなったFreddie Mercury(フレディ・マーキュリー 本名はファルーク・バルサラ 1946-1991)が心血を注いだバンドQUEENを紹介します。

 音楽好きの30代以上ならほぼ間違いなく知っているであろう、ルックスからアイドル的にも扱われたUKのロックバンドQUEEN(クイーン)です。今日の1枚は彼らの4枚目、彼ららしさの詰まった最高傑作との呼び声も高い『ア・ナイト・アット・ザ・オペラ 邦題:オペラ座の夜』1975年リリースです。

 タイトル通り(?)楽器音やコーラスを多重録音し、クラシックのオペラ的な広がり・厚み・展開を提示しロックに組み込んだ、ロック大名盤です。いたるところにクラシック音楽をモチーフにしたフレーズが聞かれ、歪んだギターやシンセサイザー、歌と共存する様は実に刺激的で美しいものです。

 こちらが試聴です。私的おすすめは、シンセ・エレピもいいけれど密かにベースラインが凝っているシングル曲「You're My Best Friend」4、ちょっと乾いたアメリカンな感じもするプログレ風味な「Sweet Lady」6、このまま教育テレビで流れそうなキャッチー&ファニーな「Seaside Rendezvous」7、メタル的いやクラシカルな旋律やコーラスが美しいプログレッシブ・ロックな8、やさしくクラシカルな響きの9、喜劇風で軽くて好き10、絶対に外せない全ての音楽ファン(これから生まれてくる人にも)に聴いて欲しいまさにオペラ・ロック『Bohemian Rhapsody』11曲目です。物語性もあるのでぜひ通して聴いていただきたし!

 ロック好きには一家に1枚、否、1人1枚のアルバムでしょう。持っていて損なし・・・
 今日もYouTubeありがとうございます(笑)。安易?いや王道!ではございますが「Bohemian Rhapsody(ボヘミアン・ラプソディ)」いっときましょう!


 この『オペラ座の夜』で聴けるオーバーダビング(ボヘミアン・ラプソディ中間部のオーバーダブは180回以上だそうです)によるコーラスとギターのオーケストレーションはいつ聴いても鳥肌が立ちますね。このレビュー書いていてうっかり泣きそうになりました^^;。

 ちょっとした誤解も覚悟でプログレッシブ・ロックのカテゴリーに入れました。所謂プログレではありませんが、その高い芸術性・アイディアの前衛性は、ロック界では実にプログレッシブであったと思います。本当に独自の音楽性というかアイディアで楽しませてくれる、エンターテイメント性の高いロックバンドでした。今でも大好きです。

 メンバーは不動!このあたりも好感が持てる1つの要素ですよね。まさにエンターテイナー!ピアノやギターもこなすフロントマンFreddie Mercury(フレディ・マーキュリー Vo)、音楽の要でギター・オーケストレーションの神様Brian May(ブライアン・メイ G)、デュラン×2のロジャーにあらず!実は結構歌もフィーチャーされているRoger Taylor(ロジャー・テイラー Dr)、ギターも弾くメンバー中一番若い(1951生まれ)John Deacon(ジョン・ディーコン B)の4人、1971年結成です。それぞれ作曲を手掛けられる素養を持っています。

 QUEENは他のアルバムにも楽しい仕掛けの曲が満載なので、またいずれ紹介したいと思います。あまり書くと次に書くネタが少なくなってしまうので、今日はこの辺で(十分長くなってしまいましたね^^;)。

 一応クイーンのオフィシャルサイトはこちら。壁紙ダウンロードあり、フレディー・マーキュリー絵になりすぎです(笑)。英語ではありますが情報満載です。→QUEEN

 HMVからも全曲試聴可(ちょっと長めに聴けます)。聴けるフレーズも違うので、未聴のキッズはこちらも聴いてみてくださいね。


 ↓DVDオーディオのマルチチャンネル(5.1ch)でも『オペラ座の夜』はお楽しみいただけます。私もまだ未体験なのですが、かなり良いようです。
スポンサーサイト


当サイトに初めてご来場の方はこちら↓↓もご覧になってみて下さいね
他のオススメ!PROGRESSIVE ROCK | コメント:4 | トラックバック:4
コメント
この記事へのコメント
どうも、こんにちは。
クイーンはどのアルバムも素晴らしい、と言う訳にはいかないと思いますが、最高傑作と言ったらこれでしょうね。

「You're My Best Friend」のベースラインは実に暖かい音色で、ユニークですよね、
ちょっとジャズギターみたいで(?)

ブライアン・メイがコインでギターを弾いているというので、私も友達のギターを1円玉で弾いたら、怒られた思い出もありますが・・・w

正に彼の場合、ギターでオーケストラって感じですね!


2006/08/27(日) 13:32 | URL | B.OUT #-[ 編集]
確かにそうですね。私もシングル単位といったところもあります。ムラがありますね。

共感していただいてありがとうございます!

クイーンには関係ないですが、私は自分のキーボードにナイフを突き立てたことがあります。誰のプレイだったっけな?

キース・エマーソンか!?
2006/08/27(日) 22:57 | URL | ムーン #-[ 編集]
初めまして。
「ボブ吉」さんのTBから辿ってきました。
「オペラ座の夜」、それこそレコードが擦り切れるまで聴きました。
>高い芸術性・アイディアの前衛性は、ロック界では実にプログレッシブであったと思います…という意見に激しく同意します。
またお邪魔させてください。
2006/08/28(月) 08:50 | URL | shige #-[ 編集]
shigeさん、ご来場&コメント、TBありがとうございます。

共感いただきありがとうございます。最初に耳にしたときは結構衝撃を受けました。こんなスタイルがあのか、と。

こちらからも遊びに行かせて頂きますね。
2006/08/28(月) 23:55 | URL | ムーン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://activa.blog33.fc2.com/tb.php/292-04a3bbb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
QUEEN フレディ・マーキュリーのイラスト特別版ということで、GIFアニメにしてみました。さながら「キス顔」とでも呼んだらいいんでしょうか(汗)僕は、動画についての知識があまりないので、我流で作ってるんですが、GIFで保存すると、色の再現が思うようになりません。陰
2006/08/27(日) 00:39:04 | 「ボブ吉」デビューへの道。
私にとってQueenというバンドは特別な存在です。だからQueenのアルバムを語るとき、ついつい力が入りすぎてしまうと思いますが(笑)、その辺は平にご容赦くださいマセ^^ゞってんで、今回は遂に「オペラ座の夜」の紹介です。
2006/08/28(月) 08:51:31 | 「洋楽と美味しい水」のshigeland
NO.00518クイーン4枚目のアルバム『オペラ座の夜』何でも今年はフレディ没後15周年&生誕60周年らしいです。なので単純な自分は追悼の意味を込めてこの代表作を聴きました。クイーンがバラエティ豊かなのは決まっていますが、それにしてもこのアル....
2006/10/16(月) 02:51:09 | まい・ふぇいばりっと・あるばむ
Queenの4thアルバム『A Night at the Opera(邦題:オペラ座の夜)』。1975年発表。 自分にとってクイーンほど得意も苦手もない、つまり当たり障りのないバンドはいません。別に聴いていて特別感動するわけでもないのですが、あえて不満を述べるまでもなく、このアルバ...
2007/12/12(水) 09:20:42 | ROCK野郎のロックなブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。