アメール・ラリュー 『BRAVEBIRD』

アメール・ラリュー 『BRAVEBIRD』 に関するレビュー・試聴・情報を紹介しています。
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他のオススメ!スポンサー広告 |
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      2006/09/30(土)
アメール・ラリュー『Bravebird』

AMEL LARRIEUX 『BRAVEBIRD』

 今日はゆったりまったりこっくりぐっすりの女性ヴォーカルものR&Bでいきたいと思います。いろんな曲がありますが、適度な刺激で適度な和み。おすすめです。SOUL/R&Bカテゴリーは久しぶりになっちゃいましたね。

 グルーヴ・セオリーという肩書きも、ある程度古くからの音楽ファンにしか通用しないっぽいですが(笑)。95年にアルバム1枚を残して終わってしまったウィルソン・ブライスとのユニット、グルーヴ・セオリーのヴォーカリストAmel Larrieux(アメール・ラリュー)。今日の1枚は2004年リリースのソロとしては2ndとなる『ブレイブバード』です。

 全編通して楽曲(アメール・ラリュー自身の手による!)が実に実験的で刺激的です。煌びやかで尖った刺激ではなく、生音と電子音、ヴォーカルの伸び・浮遊感を活かしたぐっと聴かせる刺激です。テクノで言うならアンビエント、ロックで言うなら音響系のじわじわ気持ちイイ感が漂っています^^。

 こちらが試聴です。私的おすすめは、スーパー・リラクシン・グルーヴとアメル・ラリューのハイトーン・ヴォイスを体感できる「For Real」1、バックのピアノがちょっと現代音楽的響きで心地良いタイトル曲「Bravebird」2、引っ掛かりのあるリズムとサビの広がりあるハーモニーが印象的な「Dear To Me」3、音使いが非常に前衛的な「All I Got」4、これだけ音数が少なくても聴かせる!シンプルな6、滑らかで幅広い帯域で彼女の声を堪能できる意外とファンキー「Giving Something Up」7、パーカッシブでメロディーラインがマニアックで気持ちよい私のツボ8曲目です。

 Amel Larrieux、正直第一印象(1st)から好きでした^^・・・
 2000年リリースの1st『Infinite Possibilities』を聴いた時から気になっていたんです。でもこの『BRAVEBIRD』は1stを上回る気持ち良さですね。穏やかな音・声の組み合わせによるじわじわくる刺激。中毒性あります。ジャジーな要素、ファンクな要素も織り込んで、くどくない洗練されたグルーヴに浸れる感じです。

 2006年の頭に新作『MORNING』を発表しているのですが、残念ながら私が未聴で紹介できませんでした(涙)。この『BRAVEBIRD』の作風を押し進めた内容のようなので、多分自分的ツボだと思って期待しているんです。聴いたらまたレビューしますね。

 一応アメール・ラリューのオフィシャルサイトはこちらです。興味のある方はぜひ。→Amel Larrieux

 話は全く変わるのですがこのACTIV-A。Google検索「トム・ヨーク」で5番目に表示されるのですが、昨日のNEWS23放送後とんでもない数のアクセスを記録しました。でも私は見逃した。たいした内容のない(失礼?)インタビューだったようですが・・・。ちなみにトム・ヨーク、10.06のPOP JAM(NHKのポップジャムですね)に出演予定とか。ほんとですかい?!→POPJAM
スポンサーサイト


当サイトに初めてご来場の方はこちら↓↓もご覧になってみて下さいね
他のオススメ!R&B/SOUL/FUNK | コメント:0 | トラックバック:0
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://activa.blog33.fc2.com/tb.php/321-84778e43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。