武満徹 『そして、それが風であることを知った 室内楽曲集』

武満徹 『そして、それが風であることを知った 室内楽曲集』 に関するレビュー・試聴・情報を紹介しています。
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他のオススメ!スポンサー広告 |
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      2006/10/05(木)
武満徹『そして、それが風であることを知った』

TORU TAKEMITSU 『AND THEN I KNEW 'TWAS WIND』

 自分で書くのもなんですが、クラシックとミクスチャー・ロックとJ-POPを並列に紹介するサイトを、このACTIV-A以外見たことがありません(笑)。なかなか交流が無さそうですが、そうは言っても同じ「音楽」。いろいろ聴いていろんな刺激を受けてみませんか?で今日は現代音楽

 日本の作曲界を世界に知らしめた、日本現代音楽の最大の功労者武満徹(Toru Takemitsu 1930-1996)。今日の1枚は2003年に安さとマニアックさを両立するレーベルナクソス(NAXOS)からリリースされた、武満徹の室内楽(Chamber Music)の曲を集めたアルバムです。演奏はRobert Aitken(ロバート・エイトケン)をはじめとする、武満徹が生前親交のあったカナダ人演奏家たち、録音は2001年、デジタル録音です。

 尖った音で勝負するのではなく、むしろ深みのある渋い音色・楽器の組み合わせ・メロディライン・和声で多くの人に刺激を与え続ける純日本製現代音楽です。しかも武満徹とはいってもこの作品集では、琵琶や尺八のようなクラシックとしては飛び道具的な音も入ってはいません。ですが実に夢幻的且つ抽象的で、西洋の所謂クラシックとは明らかに一線を画す内容です。

 こちらが試聴です。私的おすすめは、ビブラフォンとマリンバが織り成す私には結構視覚的な音楽に感じる「雨の樹」2、混沌とした雰囲気に力強さも感じる「ブライス」6、声と共に尺八のようなフレージングのフルートが暴れる(?)「ヴォイス」8曲目です。ちょっと心洗われます。

 静寂、間(ま)、時間、和声、和を楽しむ現代音楽です・・・
 この武満徹の室内楽曲はアンビエントで溶けてしまいそうな音と、しっかりと自己主張をする深く鋭い音で成り立っています。静かな夜に部屋を暗くして聴くと、吸い込まれるような感覚に襲われます。

 一応収録曲は、「そして、それが風であることを知った」(フルート、ヴィオラとハープのための)、「雨の樹」(3人の打楽器奏者のための)、「海へ」(アルト・フルートとギターのための)から「夜」「白鯨」「鱈岬」、「ブライス」(フルート、2台のハープ、マリンバと打楽器のための)、巡り-イサム・ノグチの追憶に(フルート独奏のための)、ヴォイス(声)(フルート独奏のための)、エア(フルート独奏のための)、雨の呪文(フルート、クラリネット、ハープ、ピアノとヴァイブラフォンのための)です。

 実は武満徹を最初に紹介するディスクは、彼の最も代表的な作品のひとつ「ノヴェンバー・ステップス」にしようと思っていたのですが・・・どうしても見つからなかったのです。貸してしまったのかもしれません。もう返ってこないのかなぁ。

 武満徹、現代音楽はまだ紹介したい作品がたくさんありますので、今日はこの辺で。

スポンサーサイト


当サイトに初めてご来場の方はこちら↓↓もご覧になってみて下さいね
他のオススメ!CLASSIC | コメント:4 | トラックバック:1
コメント
この記事へのコメント
武満いいですよね!私も大好きです。
私が一番好きなのはオーケストラ曲「鳥は星型の庭に降りる」ですが、室内楽、ピアノ曲それに歌にも素晴らしい作品があります。
洗練された中にどこかワビ・サビを感じる独特の音楽ですよね。
あと、この人の作品は詩的なタイトルも魅力的ですね。
2006/10/06(金) 00:41 | URL | piaa #-[ 編集]
>鳥は星型の庭に降りる~
私もあの管楽器のアンサンブル好きですね。
歌のものはほとんど聴いていないので今度
聴いてみたいと思います。

タイトルも和と洋を跳び越えていて、
確かに魅力的ですよね。私、タイトルを
辞書引いたこともありますよ。
2006/10/07(土) 01:05 | URL | ムーン #-[ 編集]
プレイアデス舞曲
こんにちは☆三毛猫です。

武満さんの曲はもちろん室内楽がTOPだとは思うんですけれど、是非ピアノ曲も聴いてください~。プレイアデス舞曲は最高ですよん♪
譜面は何だかあっさりしてるんですが割りと簡単に弾けて短いんです。
それに現代音楽独特の響きもあってとっても趣があります☆

今日は洋楽を和訳しているサイトを紹介しますので、こちらのサイトも記事にリンクさせてくださいね☆
お願いします~~
2006/10/08(日) 09:50 | URL | 三毛猫 #-[ 編集]
>三毛猫さん
紹介ありがとうございます。プレイアデス
舞曲ですね!メモリーしました。今度意識して
聴いてみます。
2006/10/08(日) 23:31 | URL | ムーン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://activa.blog33.fc2.com/tb.php/326-c562fc6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
この価格でアーノンクールが聴けるなんて、とても貴重な一枚だと思います☆・・8月28日 デュオ・シルフィード 室内楽コンサート VOL.2・室内楽・おおさかクラシック・[音楽] LOVE 室内楽・ 室内楽コンサート・コーガンの室内楽・アニクラ アニメソング・THE・室内楽・
2007/09/09(日) 08:50:07 | クラシックをあなたに捧げます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。