TOTO 『TAMBU』

TOTO 『TAMBU』 に関するレビュー・試聴・情報を紹介しています。
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他のオススメ!スポンサー広告 |
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      2006/11/03(金)
トト『Tambu』

TOTO 『TAMBU』

 トイレやシステムキッチンではなく、加えてサッカー予想でもない、そんなTOTO(トト)を今日は紹介しようと思います。「えっ?TOTO?どうせAOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)でしょ?」という刺激を渇望したキッズ達にぜひ聴いていただきたい1枚です。

 洋楽好きの大人(?)なら一度は耳にしているであろう、アメリカの超実力派バンドTOTO(トト)。まぁメンバー皆スタジオ・ミュージシャン上がりなので、当たり前といえば当たり前なのですが^^;。こちらは1995年リリース、作風の大きな変化に旧来のTOTOファンからは殆どと言っていいほど評価されなかった(私もか・・・^^;)可哀想なアルバム『タンブ』、9作目です。

 最初は私もTOTOの音としては抵抗があったんです。バンドの中心と言っても過言ではなかったドラムのJeff Porcaro(ジェフ・ポーカロ へんてこりんな名前ですがぜひ覚えてください!^^)が突然亡くなって、代わりのドラマーにサイモン・フィリップスを迎えて初の作品です。以前の滑らかでエレガントなAOR代表といった感じのTOTOサウンドから、ハードエッジで乾いたアメリカン・ハード・ロックにシフトした内容で、かなりハードなプログレっぽい曲もあります。まぁまずは聴いてみてください。

 こちらが→試聴←です。私的おすすめは、乾いた音が印象的でコーダで畳み掛けてくる「Gift of Faith」1、イントロは地味ながらサビの開放感が実に気持ちイイ3、スリリングで小気味良い「The Turning Point」7、跳ねたリズムに透明感あるエレピが美しい「Time Is the Enemy」8、もうイントロからゾッコン!HR/HM好きにぜひ聴いて欲しい1曲一押しです!(下にライブ動画載せておきます)「Drag Him to the Roof」9、ドリームシアターも真っ青なハードでアグレッシブな超変拍子(あなたはどこまでノレるかな?)「Dave's Gone Skiing」11曲目です。

 このアルバムに昔のTOTOを求めちゃだめなんです。ルカサーのTOTOなのですから・・・
 私もそうでしたがTOTOと言えばジェフ・ポーカロとデヴィッド・ペイチありきみたいなところがあって、ジェフ・ポーカロの殺虫剤散布中の死によりTOTO解散説は流布しました。そのくらい彼のドラミングは技術の上に成り立った味わい深いものだったのです。

 とりあえずこの『TAMBU』には関係ないのですが、彼≒初期TOTOの特徴的なリズムパターンでもある、ゴーストノート(詳しくはこちらに→ゴーストノート)がカッコイイハーフ・タイム・シャッフルをジェフ・ポーカロ本人の動画でご覧頂きましょう。こんなに名曲「ロザーナ」のリズムは複雑に作られていたんですね!


 話は逸れましたが、今作でのドラムサイモン・フィリップスのプレイも大変なことになっています(笑)。手数の多いこと!特に下の「Drag Him to the Roof」はこれでもかというほどのオカズが詰まっています。ライブ動画では聴けないのですが、CDでは3回目のサビに入るフィルインの気持ち良さったらないです!最高!ぜひディスクでも聴いてください!


 彼らのみならずTOTOのメンバー全てに言えることですが、「君たち(失礼>私)、四分音符をいったい幾つに分解できる耳をもっているんですか?!」という感じです。さすがに腕利きミュージシャンの集まり。ゆるく聞こえるAORのくせに(失礼だって!>私)、細かく聴き始めるとキリがないくらいネタ・技が詰まっています。

 スティーヴ・ルカサーのハードロック趣味が前面に押し出された『TAMBU』を今日は紹介しましたが、TOTOの代表作でROCK/POPS・AOR的にも名盤とされる名曲の詰まった1stや4thもいずれ紹介したいと思います。その時はもう少しグルーヴとシンセ・サウンドについて書きたいと思います。

 一応『TAMBU』でのメンバーは、David Paich(デヴィッド・ペイチ Key)、Steve Lukather(スティーヴ・ルカサー G&Vo)、Mike Porcaro(マイク・ポーカロ B)、Simon Phillips(サイモン・フィリップス Dr)の4人です。今作でのヴォーカルはすべてスティーヴ・ルカサーがとっています。

 トトのオフィシャルサイトはこちら。いきなりライブ映像が出迎えてくれます。カッコイイです!歌詞も見られるし試聴、ライブのビデオ・クリップ動画もたくさんあります。ファンはぜひ!→TOTO

スポンサーサイト


当サイトに初めてご来場の方はこちら↓↓もご覧になってみて下さいね
他のオススメ!ROCK/POPS | コメント:0 | トラックバック:0
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://activa.blog33.fc2.com/tb.php/340-b321f742
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。