モグワイ 『YOUNG TEAM』

モグワイ 『YOUNG TEAM』 に関するレビュー・試聴・情報を紹介しています。
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他のオススメ!スポンサー広告 |
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      2005/12/04(日)
モグワイ『Young Team』

MOGWAI 『YOUNG TEAM』

 ゆっくり、ゆっくり、激しく、そして鋭利です、耳に心に。今日はグラスゴーのインストゥルメンタル・ロック・バンド、MOGWAI(モグワイ)の1997年の1st『ヤング・チーム』アルバムです。

 ポスト・ロックといわれる、同じロックという括りでもヘヴィーメタルの正対極にあるようなサウンド。ほとんど歌もないし(一応あるものもあり)。ゆっくりじわじわ・・・そして爆発みたいな。まさにマグマです・・・静と動

 最近のアルバムは音響を重視したような音作り(それはそれで好き)なんだけど、この1stYOUNG TEAMは荒削りの魅力があるんです。直接的に響いてくる音なのです。ピアノのかげりある旋律も、重なり合い畳み掛けるようなギターも。

 こちらが試聴です。私的オススメは、雰囲気が好きな3、内省的なピアノの旋律に誘われる4、ポスト・ロックと呼ばれる所以な音響系の5、轟音ギターが入ってもメランコリックな6、寄せては返す波のような引き際が美しい超大作(16分!)な10曲目です。激しい音は途中から入るので、試聴で魅力を伝えるのは難しいですね(やや凹)。

 このアルバムの使用上の注意は・・・
 聴き始めでボリュームが小さいからって、普通より大きめにしとくと痛い目にあいますよ。雷鳴とも言えるような轟音ギターで、ほんとに耳が爆発しちゃいますからね(笑)。モグワイのアルバムは要注意です。

 静と動。非常にメランコリックで美しいメロディーとギターの爆音。ポスト・ロックとも言われるけれど、このアルバムは本当のロックだと私は思っています。自分に向き合える音なので、夜に聴くことをオススメします。但し夜は特に先述の通りボリューム注意です!

 最近リイシューされましたね。通称「富士銀行」(今となっては貴重か)ですが、日本盤にはその文字はありません。リリース当時私も、えっこんなジャケットいいの?っていうかこの人たち日本人?なんて思ったものです。なつかし~。

 ちなみにモグワイの公式サイトはMOGWAIです。必ずしも万人向けの音とは言えないバンドですが、音や映像も結構あるので、興味のある方は覗いてみてください。私はオススメです。あとこちらでは全曲試聴できます。
スポンサーサイト


当サイトに初めてご来場の方はこちら↓↓もご覧になってみて下さいね
他のオススメ!ROCK/POPS | コメント:2 | トラックバック:1
コメント
この記事へのコメント
出ました・・
富士銀行!
ずっと「富士銀行」と覚えていたので、あれ『YOUNG TEAM』ってタイトルだったっけ?と思ってしまいました。
そんなわけないですよね。
モグワイの新譜、楽しみですね!
2005/12/05(月) 23:10 | URL | azzaro #FF3H9HIM[ 編集]
どんな音を聴かせてくれるか、ホント楽しみですよ!

タイトル「富士銀行」・・・そんなわけない!(笑)著作権とか今ほど騒がれてませんでしたけど、ジャケ見たときはこれアリ?って感じでしたね。
2005/12/05(月) 23:56 | URL | ムーン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://activa.blog33.fc2.com/tb.php/48-fa49a06c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
グラスコー出身のポストロックバンド、モグワイの97年リリースのファーストアルバム。静と動のコントラスト、この言葉が彼らのサウンドを表しています。最初は静かにアルペジオを弾くギターが突如、轟音の波に乗って押し寄せてくるのです。ギターの音というのはここまで人
2005/12/05(月) 21:15:51 | Ordinary Man's Karma Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。