クモ

クモ に関するレビュー・試聴・情報を紹介しています。
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他のオススメ!スポンサー広告 |
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      2006/01/07(土)
クモ『Kaminari』

KUMO 『KAMINARI』

 単刀直入にドラムンベースです、はい。53:47でややフロア向きの音でしょうかね。でも十分にリスニングに耐えうる緻密なプログラミングが魅力の今日の一枚です。

 意味ありげな名前とタイトル&ジャケですが、ご想像の通り(かな?)単なる日本かぶれの英国人(失礼)の、97年の作品です。タイト且つシンプルなドラムンベースしてます。

 全体的には機械的なクールなトラックが並んでます。暗めでややミニマルな印象。しかも6分を超える曲が多いので、この手の音が好きな人じゃないとちょっと飽きるかも。でもリズムパターンの作り込みはかなりのもの。一聴の価値はあります!

 こちらが試聴です。値段は大変なことになってますが、気にせず試聴だけ。私的おすすめは、トリップ・ホップな深遠な世界を提示してくれるローテンポな3、ダビーな4、柔らかなパッド音と刺激的な電子音が活きた5、途中のハープの音は唐突で無駄に驚くけどエレクトロニカな音使いが気持ちイイ8、ちょっとLTJ Bukemっぽいスペイシーなしっかりドラムンベースな11曲目です。

 UK盤は安いですよ・・・
 いい意味であまり迫ってくる音ではないので、流しながら仕事をするとはかどるかも(あくまでカモですよ)。

 あとこのKUMOというアーティスト、ジャーマン・プログレで今でも多くのリスペクトを集めるCANのキーボーディストIrmin Schmidtと組んだ作品も出しています。こちらはアンビエント・テクノ寄りで、テクノ好きにはよりアピールするかもしれません。ピアノの旋律が印象的で結構いけてるので一応載せときますね→試聴

 ちなみにUK盤の価格はこちら
スポンサーサイト


当サイトに初めてご来場の方はこちら↓↓もご覧になってみて下さいね
他のオススメ!DRUM'N'BASS | コメント:3 | トラックバック:0
コメント
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます!
明けましておめでとうございます!
そして、新春早々にハードに”ドラムチック”なお出迎え、ありがとうゴザイマス!
仕事がはかどります。(笑)

↓ベートーベンの「悲壮」は、ピアノで弾けるんだぞ~!(たまおちゃん風に自慢♪
第二楽章が特にスキです。
カラヤン指揮の「悲壮」は聴いた事ないな~。うん。これ、聴きたいぞッ!
2006/01/08(日) 11:55 | URL | nobuko #-[ 編集]
あ・・・。

「悲壮」じゃなくて・・・「悲愴」。
新春早々、やらかしちまった。(沈
2006/01/09(月) 13:57 | URL | nobuko #-[ 編集]
レスポンスが遅くなり申し訳ないです。

あけましておめでとうございます。新春早々こ忙しい音楽を聴かせてしまってスイマセン。ピアノ弾けるんですね!羨ましいです。

今年もよろしくお願いします。
2006/01/10(火) 10:06 | URL | ムーン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://activa.blog33.fc2.com/tb.php/80-2a0ed933
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。