CLASSIC

CLASSIC に関するレビュー・試聴・情報を紹介しています。
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他のオススメ!スポンサー広告 |
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      2006/07/30(日)
高橋悠治『Sonata & Interlude』

YUJI TAKAHASHI 『JOHN CAGE:SONATAS AND INTERLUDES FOR PREPARED PIANO』

 久しぶりに脳活性化系クラシックの大本命、現代音楽を紹介します。現代音楽家として世界的に最も広く知られた作曲家の1人、取り上げるのが遅くなりましたがJohn Cage(ジョン・ケージ 1912-1992)を紹介します。John Cageは「4分33秒」だけじゃないんですよ。

 Prepared Piano(プリペアド・ピアノまたはプリピアード・ピアノ)と呼ばれるピアノの弦にゴム、金属、木などを挟んだり乗せたりしたピアノで演奏されるために書かれた楽曲『ソナタとインタールード』。1946~48年に作曲されたものです。ちなみにprepare(プリペア)とは「前もって準備する」という意味です。演奏は日本の作曲家・ピアニストで現代音楽のスペシャリスト高橋悠治、1975年の録音です。
 
 ジョン・ケージの『プリペアド・ピアノのためのソナタとインターリュード』はぜひテクノ好きに聴いて欲しい音楽です。アンビエントというかアヴァンギャルドというか。あとコアなワールド・ミュージック好きにもアピールすると思います。プリペアド・ピアノは元来、複数の打楽器をドラムセットのように一人で演奏するために、その代替として考えられたものだそう。なるほど!

 こちらが試聴icon(長めに聴けます)です。

 ぜひガムランを思わせるリズミカルな前衛音楽・現代音楽をお楽しみください・・・
高橋悠治 ケージ 『プリペアド・ピアノのためのソナタとインターリュード』の続きを読む
他のオススメ!CLASSIC | コメント:6 | トラックバック:1
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      2006/07/23(日)
シュタルケル コダーイ『Sonata for Solo Cello』

JANOS STARKER 『KODALY:SONATA FOR SOLO CELLO / DUO FOR VIOLIN AND CELLO』

 今日はクラシックなのですが、すでにだいぶ以前から廃盤となっているディスクを紹介せねばなりません。ならないこともないのですが、私がコダーイの「無伴奏チェロソナタ」はシュタルケル盤しか持っていないので紹介できないということです。

 ハンガリーの作曲家で学者Zoltan Kodaly(Kodály Zoltán コダーイ・ゾルターン 1882-1967)の、だいぶ前に放送されていたサントリーウイスキー「ローヤル12年」のCMでヨーヨー・マが弾いてる曲として有名になった(憶えてます?)、「無伴奏チェロ・ソナタ」です。演奏はこちらもハンガリー出身のチェロ奏者Janos Starker(János Starker ヤーノシュ・シュタルケル)です。一部のクラシック好きにはかなり有名な1948年録音のものです。CDですが。カップリングは「ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲」と「チェロとピアノのためのソナタ」です。

 実は私がこのディスクを手にしたのは当然だいぶ前、CM以前なのですが、ひょんなことで出会ったCDなのです。仲の良い先輩に「あの、無伴奏チェロなんたらっていうやつ聞きこうと思っているんですけど・・・」なんて話をしたら、このディスクを強烈に薦められたのです。長くなりそうなので続きは後述。

 こちらが現在出回っているシュタルケルのコダーイ、1970年日本での録音です。試聴(長めに聴けます)です。2~4が「無伴奏チェロ・ソナタOp.8」、5~7が「ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲Op.7」です。RealOneとWindowsMediaで聴けるフレーズが違うので、特に有名な「無伴奏チェロ・ソナタ」冒頭部を聴きたい方はWindowsMediaの2曲目からどうぞ。リンク先の1曲目はコダーイではなく、ハンス・ボッタームントの作品「パガニーニの主題による変奏曲」です。

 こだわりある1948年の録音はですね・・・
シュタルケル コダーイ 『無伴奏チェロソナタ』の続きを読む
他のオススメ!CLASSIC | コメント:0 | トラックバック:0
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      2006/07/04(火)
ラサール・カルテット シェーンベルク『Transfigured Night』

LASALLE QUARTET SCHOENBERG 『VERKLARTE NACHT OP.4』

 邦題『浄められた夜(浄夜)』、1899年に作曲された弦楽六重奏曲です。暗めの音使いと厚みで、本当に夜を思わせるサウンドが主体です。

 Arnold Schoenberg(アルノルト・シェーンベルク 187-1951)オーストリア生まれで、後にアメリカに帰化した十二音技法を創始したとも言われる作曲家です。新ウィーン楽派の親玉でもあります。演奏はLaSalle Quartet(ラサール・カルテット)に2人を加えた弦楽六重奏。シンプルですが、合奏版(後述)のややゴテゴテした感じも無く、スッと筋が通った演奏でおすすめです。

 この『浄められた夜』は標題音楽(物語等文学的なものを音楽で表現しようとすること)として書かれています。元となった詩はドイツの詩人リヒャルト・デーメルによる「浄夜」によるものだそうです。内容はざっとこんな感じです。・・・かつての恋人同士の男女が再会するが、「見知らぬ男の子を宿している」という女の告白に苦悶しながらも、月明かりの元で全てを受け入れる男の物語・・・濃い!

 肝心のラサール・カルテット+2人の音源がどうしても見つかりませんでした。申し訳ないです。それでもなんとかシクステットの音を見つけましたので載せておきます。こちらが試聴です。物語(ウンチク?)を知らなくても十分に聴けます。非常に緻密な作り・演奏で、映画を見ているような錯覚を覚える、優れた描写が魅力だと思います。

 でもそう思って聴くとやはりドラマチックですよね・・・
ラサール・カルテット シェーンベルク 『TRANSFIGURED NIGHT』の続きを読む
他のオススメ!CLASSIC | コメント:2 | トラックバック:0
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      2006/06/17(土)
ワルター モーツァルト『Sym. 38&40』

BRUNO WALTER 『MOZART:Sym.40&38』

 まずは最初に断っておかねばなりません。正直なところ私モーツァルト大好き!っていうわけじゃないんです。というのもなんだかみんな同じ曲に聞こえて、他のクラシック音楽家に比べて魅力を感じないのです。

 ではなぜそれでも取り上げたか、というと・・・世間でもっとも「脳を活性化する!」と騒がれている音楽家がこのWolfgang Amadeus Mozart(ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト 1756-1791)だからです。このサイトで扱わないわけにはいかないでしょう!(笑)

 本日の1枚はドイツの生んだ名指揮者BRUNO WALTER(ブルーノ・ワルター 1876-1962)が1959年にTHE COLOMBIA SYMPHONY ORCHESTRA(コロンビア交響楽団)を振った、モーツァルトの『交響曲第40番ト短調 K.550』。ワルター最晩年のステレオ録音盤です。モーツァルトを得意のレパートリーにしていたワルターだけあって、ゆったり大らかで安心して聴ける名盤です。

 こちらが試聴iconです。たぶん皆さん聴いたことのある少し暗い印象から入る第1楽章、穏やかながらリズミカルな緩徐楽章である第2楽章、鋭く緊張感のあるストリングスが印象的な前半と木管楽器がやさしく歌う中間部が好対照な第3楽章、スリリングで畳み掛けるような第4楽章。緩急自在。ト短調(Gマイナー)を主調としてよくこれだけ曲想を拡げられるものだと、感嘆しますね。

 ワルター&コロンビア交響楽団の40番は落ち着いてモーツァルトが聴ける傑作だと思います・・・
ワルター モーツァルト 『交響曲第40番』の続きを読む
他のオススメ!CLASSIC | コメント:2 | トラックバック:0
 当サイトは音楽好き向け、多ジャンル試聴レビューサイトです。YouTube系動画・映像サイトをお探しの方は音楽ランキング上位にたくさんあります。      2006/05/24(水)
カラヤン ドヴォルザーク『Sym8&9 New World』

↓↓当サイトで紹介した他のカラヤンのディスクはこちら
HERBERT VON KARAJAN

HERBERT VON KARAJAN 『DVORAK Sym.No.9 NEW WORLD & Sym.No.8』

 いきなり勢いよく書かせてもらうと、「カラヤンのこのジャケットはズルイ!」と思う。カッコイイもの・・・。まさに格調高くオーケストラをコンダクト(指揮)している感が滲み出ていて。やるなぁグラモフォン、と(当方ジャケ買いでした 照)。

 指揮者は帝王ことヘルベルト・フォン・カラヤン。取り上げたのはチェコの大作曲家、ご存知ANTONIN DVORAK(アントニン・ドヴォルザーク)。演奏はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団。録音は1985年ウィーンでのデジタル録音です。

 こちらも第9番に負けず劣らずの傑作交響曲である第8番とのカップリングのCDですが、今日は第9番「新世界より」に絞らせてもらいたいと思います。8番はまたいずれ他の指揮者で。

 この新世界交響曲はドヴォルザークがニューヨーク・ナショナル音楽院に招聘されていた、つまりアメリカ滞在期(1892-1895)の1893年に作曲されたドヴォルザーク最後の交響曲です。音は当然クラシック(オーケストラという意味で)ですが、シンコペーションのリズムが使われたり様々なタイプのメロディーラインが現れたり(ネイティブ・アメリカンや故郷ボヘミアの音楽の影響がよく語られます)。ノスタルジックでありながらエキゾティックでもある、ウンチクなし楽しめる傑作です。

 こちらが試聴(長めに聴けます)です。再生ソフトにより何種類かの試聴があるのですが、それぞれ聴ける箇所が違ったりします。Windows Mediaのところの「Listen」から、比較的有名なフレーズが聴けます。またこちらはスメタナの「モルダウ」とのカップリングです。今日紹介したディスク(交響曲第8番とのカップリング)の全曲試聴は下のHMVからどうぞ。聴いて(知って)おかなければならないのは、イングリッシュ・ホルンの美しい旋律が超有名な下校のテーマ「家路」第2楽章、ボスキャラでも出てきそうな印象的な冒頭部を持つ第4楽章ですね。

 この世でトップレベルに有名な交響曲です・・・
カラヤン ドヴォルザーク 『交響曲第9番 新世界より』の続きを読む
他のオススメ!CLASSIC | コメント:7 | トラックバック:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。